美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)

アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)

アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)

注入術でご希望のエステティックラインを。

アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)とは

短いアゴに注入術を

短いアゴに注入術を

日本人は骨格の問題でアゴが短いケースが比較的多いです。そこでアゴ注入を行うことで、ご希望のエステティックライン(鼻先と唇とアゴ先が一直線になっているライン)に近づき、シャープな顔の印象を与えることができます。

事前のカウンセリングでは医師が希望のラインを伺い、ボリュームを調整しつつ注入していきます。

アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)の施術プロセス

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸はもともと人体にある成分なので、アレルギーテストは必要ありません。ヒアルロン酸は丸い形のアゴを作るのに適しています。

ハイドロキシンアパタイトについて

ハイドロキシンアパタイトについて

ハイドロキシンアパタイトは、骨や歯を形成するカルシウムの一種で、アゴに注すると骨と同様の組織を形成します。

皮膚に馴染みやすい成分で、効果は1年~1年半ほど持続します。ヒアルロン酸よりも粘性が高いため、高さやボリュームをつんと出したい際に適しています。生体適合性は100%、アレルギーテストも不要です。アメリカFDAやヨーロッパCEでも承認されている素材です。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
高さと長さのバランスが大切です。

アゴの形は高さと長さのバランスを考慮して決めます。高さは横顔から、鼻先の位置と上唇の位置から良いとされる高さを作ります。長さは上唇:アゴ=1:1.6くらいとなるように設定します。

ただし、顔全体の骨格によりアゴの長さは調節する場合もあります。丸い輪郭のアゴを希望であればヒアルロン酸を使用し、シャープな輪郭が希望であればハイドロキシンアパタイトを推奨しています。

アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)のプロセス

  • アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)の施術プロセス その2 必要な方には麻酔クリームを塗布し、ボリュームを調整しつつ注入していきます。
  • アゴ注入(ヒアルロン酸・ハイドロキシンアパタイト)の施術プロセス その3 ご希望のエステティックラインが完成!
    効果はヒアルロン酸が6ヵ月~12ヵ月、ハイドロキシンアパタイトが1~1.5年程度持続します。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    アゴをシャープにしたい
  • Case 2
    引っ込んでいるアゴを前に出したい
  • Case 3
    切らない整形でまずはトライしたい

施術の留意点

ヒアルロン酸注入 ハイドロキシンアパタイト注入
所要時間 5~10分 10分
腫れ・傷跡 当日に多少腫れや赤み
施術の痛み チクっとする程度
入院・通院 なし
麻酔 必要な方には麻酔クリームを塗布します
持続性 6ヵ月~12ヵ月 1~1.5年
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 当日から可能

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 容量 定価(税抜)
アゴ注入(ヒアルロン酸) 1本・1ml ¥80,000 長期持続型
¥80,000 厚生労働省認可
¥100,000 長期持続型
アゴ注入(ハイドロキシンアパタイト) 0.8ml ¥130,000
1.5ml ¥180,000

よくあるご質問

ヒアルロン酸とハイドロキシンアパタイト、それぞれの持続期間はどれぐらいですか?
ヒアルロン酸が6ヵ月~12ヵ月、ハイドロキシンアパタイトが1~1.5年程度です。
ヒアルロン酸とハイドロキシンアパタイトの違いを教えて下さい。
ヒアルロン酸は丸いアゴを作るのに向いています。ハイドロキシンアパタイトはヒアルロン酸よりも粘性が高いため、高さやボリュームをつんと出したい際に適しています。
小顔・輪郭・アゴ その他診療内容 切らない治療 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP