大塚美容形成外科・歯科のご紹介

美容皮膚科・スキンケア Q&A

注入術やレーザー、たるみ取りなど、美容皮膚科・スキンケアの施術に関するQ&A。

美容皮膚科・スキンケア Q&A

プラセンタ内服薬

プラセンタ内服薬カプセルについて詳しく知りたいです。
当院で販売しているプラセンタ内服カプセルは、ヒトプラセンタ(胎盤)から様々な有効成分を抽出した医薬品です。プラセンタ内服カプセルに使用される胎盤は、日本国内の健康な女性から提供されているもののみを使用しています。更に何重もの感染症チェックが行われ、製薬過程でもウイルス不活性化処理として、121度の高温で20分間滅菌処理を行っています。
更に、B型肝炎・C型肝炎・HIV・成人T細胞白血病及びリンゴ病のウィルス検査を行い、陰性であることを確認しています。
プラセンタ内服薬を服用すると、献血ができないと聞きました。
プラセンタ内服カプセルは、上記の通り様々な感染症の検査を行っていますが、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等の伝播のリスクを理論的に完全に否定することはできません。ですから、プラセンタ内服カプセルを内服した方は、献血することができなくなります。

ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)治療

ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)の副作用が心配です。
ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)には強力なターンオーバー効果があり、塗布するとボロボロと皮が剥けたり、患部の赤みが目立つ場合があります。
極端な副作用が起きないようにするためにも、必ず医師の指示の通りに塗布して下さい。
美白クリームは何故必要なのですか?
美白クリームには、メラノサイトの働きを抑えてシミを抑制する効果があります。ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)には高いターンオーバー効果がある反面、炎症によるシミができやすくなるというリスクがありますので、美白クリームを一緒に塗布してシミ対策を行います。
ただし、美白クリームは日光に弱いという特性を持っていますので、日光を浴びる際には必ず日焼け止めを使用しなければなりません。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP