大塚美容形成外科・歯科のご紹介

バスト・豊胸 Q&A

豊胸手術(プロテーゼ挿入)・ヒアルロン酸注入・バストリフトなど、バスト・豊胸の施術に関するQ&A。

バスト・豊胸 Q&A

ヒアルロン酸注入による豊胸

入院は必要ですか?
ヒアルロン酸による豊胸は、その日のうちに帰れますので入院の必要はありません。
アフターケアは必要ですか?
特に必要ありません。ただしシャワーと入浴は翌日からで、施術当日は多少の痛みを感じることがあります(個人差があります)。

高濃度自己脂肪注入

何サイズぐらいサイズアップ可能ですか?
自己脂肪注入によるサイズアップの場合、片方最大200~250cc程度の注入が可能です(サイズアップサイズには個人差があります)。
施術後の注意点を教えて下さい。施術後の注意点を教えて下さい。
まず、施術後3日程度は飲酒は控えて頂きます。また、施術後1週間後に抜糸をした後、脂肪を吸引した部分のマッサージを行って頂きます。施術後1ヶ月程度は、締め付けのないブラジャーを着用して頂きます。ノンワイヤーのブラジャーをお勧めします。
レントゲンに映りますか?
高濃度自己脂肪注入はご自分の脂肪を胸に注入する豊胸なので、見た目も感触も自然で柔らかな仕上がりです。レントゲンに映ることもありません。
高濃度自己脂肪注入の自己脂肪定着率はどの程度でしょうか?
脂肪の定着率には個人差がありますが、平均としては約5割程度の定着率です。
入院は必要ですか?
基本的に入院は必要ありませんが、施術の際に全身麻酔をご希望の場合は1日の入院をお勧めします。消毒のため翌日と抜糸のため1週間後来院が必要です。可能でしたら3日~1週間程度のお休みをお取り頂くことをお勧めします。
高濃度自己脂肪注入を複数回受けることは可能ですか?
高濃度自己脂肪注入はご自分の脂肪を注入する豊胸ですから、複数回の施術も可能です。高濃度自己脂肪注入を複数回受けて頂くことにより、定着する脂肪の量をより多くし、更にサイズを大きくすることも可能です。
高濃度自己脂肪注入の注意点について教えてください。
自己脂肪注入はナチュラルな仕上がりですが、注入した脂肪の約半分は体内に吸収されてしまいます。定着する脂肪には個人差があり、半永久的に定着する脂肪量は人によって異なります。
シリコンプロテーゼで豊胸をしているのですが、高濃度自己脂肪注入を受けることはできますか?
プロテーゼ豊胸後、高濃度自己脂肪注入による豊胸を受けることは可能です。
脂肪注入によるサイズアップで「しこりになる」とはどういうことでしょうか?
ご自分の脂肪を注入する豊胸では、患部に注入した脂肪の塊が壊死し、壊死した脂肪の周囲にできた被膜にカルシウムが沈着し、異物反応による炎症により石灰化することを指します。石灰化が進行すると触感もゴツゴツと固くなり、しこりが大きくなったように感じます。定着した脂肪と違い、このしこりはレントゲンやMRI・CTなどにも映ります。
このような「しこり」を防ぐには、不純物を取り除いた純度の高い脂肪を注入することと、まとめて1箇所から注入しないことです。また、限度を超えた脂肪を注入することも、しこりの原因となります。
当院ではこういった「しこり」のトラブルを防ぐために、自己脂肪を注入する豊胸の際には純度の高い脂肪のみを使用し、複数箇所からバランス良く脂肪を注入しています。
自己脂肪に含まれる「不純物」とは何ですか?
採取した脂肪に含まれる「不純物」とは、死活細胞や血液、脂肪吸引の際に使った麻酔液などのことで、注入する脂肪細胞に不純物が含まれていると、脂肪の定着率が下がってしまい、「しこり(石灰化)」のリスクも高くなってしまいます。高濃度自己脂肪注入による豊胸手術では、最初に採取した自己脂肪を特殊な2枚のフィルターに通して不純物を除きます。
高濃度自己脂肪注入施術後、乳がん検診を受けることはできますか?
自己脂肪注入による豊胸の場合、人工物を体内に挿入しないので、超音波(エコー)検査もマンモグラフィー検査もお受けいただくことが可能です。

豊胸手術(プロテーゼ挿入)

授乳に影響はありませんか?
豊胸は乳腺には一切触れない方法なので、授乳にはまったく影響はありません。御結婚前の方でも治療を受けて頂くことができます。
傷跡は残りませんか?
わきの下のしわに沿って約5cm程度ほど切開するだけで、傷はしわに隠れて目立たなくなり、時間とともに目立たなくなっていきます。
1度入れたバッグを取り出すことはできますか?
何かの事情でバッグを取りだしたいという場合も可能です。また、「バッグの大きさを変えたい」という場合もご希望の大きさに変えることができます。

乳房挙上(バストリフト)

手術はどの程度普段の生活に影響がありますか?
個人差が有りますが、術後の腫れは7~10日程度、傷跡は3カ月~半年程度残ります。術後は2~3日の入院が必要です。シャワーは4~5日後から、入浴は10日後からとなっています。
バストの感覚が鈍くなることはありませんか?
乳房挙上により、バストの感覚が鈍くなるようなことはありません。

乳頭関連の施術

乳頭が大きくなる原因は?
生まれつき大きい方と、授乳により肥大してしまった方がいます。
乳頭関連の施術のダウンタイムを教えて下さい。
術法によって異なりますが、1~2週間程度多少腫れを生じます。また、赤みは1~2ヶ月程度出る場合があります。乳頭の感覚は術後は弱くなりますが、3ヶ月~6ヶ月程度で徐々に戻ってきます。
乳首の色を薄くしたいのですが?
色の濃い乳首などは『ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)治療』で薄いピンク色にすることができます。また、色のほかに「乳首がめり込んでいる」「大きすぎる乳首を小さく」なども可能です。

乳輪関連の施術

乳輪関連の施術後、授乳に影響が出ることはありますか?
乳輪縮小やモントゴメリー線除去などの施術後でも、授乳には全く影響はありません。
乳輪関連の施術後、感覚が鈍くなるようなことはありませんか?
乳輪縮小やモントゴメリー線除去などの施術後でも、バストの感覚が鈍くなるようなことはありません。
一度に複数のモントゴメリー線を除去することはできますか?
基本的には可能ですが、モントゴメリー線の数がかなり多い場合は、複数回の施術に分けた方が良い場合があります。当院の医師が診察をした上で、良いと思われる方法をご提案いたします。

バスト全般

どのくらいまでバストを大きくできますか?
シリコンバッグを挿入する場合、A・Bカップの方でしたらE・Fカップまで大きくできます。ヒアルロン酸注入による豊胸の場合は1カップ弱程度のサイズアップが出来ます。
豊胸でバストに触わってもバレませんか?
「豊胸」の場合、バッグは皮膚のすぐ下ではなく、大胸筋の下に挿入するためご主人や交際相手の方など他の人が触れても解りにくいです。
入院の必要はありますか?
局所麻酔の場合は、入院の必要はありません。ですが、全身麻酔や遠方から来られる場合などは、入院することをおすすめします。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP