大塚美容形成外科・歯科のご紹介

美容点滴・注射 Q&A

高濃度ビタミンCやプラセンタなど、美容点滴・注射の施術に関するQ&A。

美容点滴・注射 Q&A

美容点滴全般

注射と点滴の違いは?
注射と点滴の違いは、薬剤の入っている量です。また、注射と点滴では施術時間も異なり、注射は5分~10分程度、点滴は30分程度かかります。お時間が無い方には注射を、しっかりと効果を実感したい方は点滴をお勧めします。
痛みはありますか?
通常の注射や点滴と同様、針を刺す時のチクッとした痛みのみです。
施術後の注意点はありますか?
食事制限は特にありませんが、長時間の入浴や熱いお湯での入浴、多量の飲酒、激しい運動は避けて下さい。
にんにく点滴(注射)の匂いが気になるのですが…。
多少にんにくに似た匂いがしますが、ご自分で少し気になる程度で、他の人が気になるほど臭うことはありません。
どのぐらいの間隔で施術を受けると良いですか?
注射や点滴の内容によって変わりますが、通常は週に1~2回程度が良いでしょう。疲労回復点滴は、疲労を感じている際には毎日連続してお受けになると早く回復できます。また、効果を早く実感して頂くには継続して施術をお受け頂くことをお勧めします。
他の病気で通院治療中なのですが…。
病気で治療中の方や薬を服用中の方は、施術を受ける前に無料カウンセリングにて担当医師にご相談下さい。
疲労回復点滴は、風邪に効果があると聞きました。
点滴の成分が風邪のウィルスに直接作用するわけではなく、疲労回復点滴を受けることによって身体の免疫力を高め、風邪が治りやすい・風邪をひきにくい身体へと導きます。

高濃度ビタミンC点滴

「余分なビタミンCは体外に排出される」と聞きますが、注射や点滴ではどうなのでしょうか?
確かに注射や点滴でも、余分なビタミンCは尿と一緒に体外に排出されてしまいます。ですが、排出されるまでに体内の様々な組織に良い効果を起こし、不要な分のみが排出ます。
副作用はありませんか?
ビタミンCは元々、様々な食品にも含有されている栄養素の一つで、余分に摂取しても水溶性のビタミンなので、尿中に排出されるため、基本的には副作用はありません。
高濃度ビタミンC点滴を受けられないケースを教えて下さい。
腎臓機能の悪い方・透析中の方・妊娠中の方・栄養状態が極端に悪い方・G6PD欠損症の方は施術を受けることができません。ご了承下さい。
ビタミンCサプリメントを大量に飲むと、高濃度ビタミンC点滴と同じ効果が得られそうなのですが。
食品やサプリメントで一度に大量のビタミンCを摂取しても、余分なビタミンCはすぐに体外に排出されてしまいます。ですから直接血管に栄養素を入れる注射や点滴と同様の効果を得ることはできません。
また、ビタミンCを一度に大量に摂取すると、胃腸にダメージが起きる可能性もありますのでお勧めできません。
どうして高濃度ビタミンC点滴を受ける前には血液検査が必要なのですか?
G6PD欠乏症という疾患をお持ちの方が高濃度ビタミンC点滴を受けると、溶血性貧血と呼ばれる貧血を引き起こす可能性があります。G6PD欠乏症とは、主に赤血球内に存在する「グルコース6リン酸脱水素酵素(G6PD)」が欠乏し赤血球が壊れやすくなることにより発症する疾患のことです。
日本人の発病率はけして高くはありませんが、当院では患者様の安全を最優先に考え、高濃度ビタミンC点滴をお受けになる患者様には事前に必ず血液検査を受けて頂いております。

プラセンタ点滴

男性も受けることができますか?
勿論、男性もお受け頂けます。プラセンタ注射・点滴は、女性だけでなく男性の美容・エイジングケアにも効果的です。
副作用はありませんか?
プラセンタ薬剤は50年以上もの長い間、医療の現場で使用されており、今までに重大な副作用は報告されたことはありません。ですが、プラセンタ注射・点滴の施術を受けた方の中には、極稀に発熱や発疹・かゆみといったアレルギー症状が現れる場合があります。もし副作用と思われる症状が出た場合は、必ず担当の医師にご相談下さい。
プラセンタ点滴をすると、献血ができないと聞きました。
当院で使用しているプラセンタ薬剤は、様々な感染症の検査を行い、現時点で解明されている感染症は100%排除されているプラセンタ薬剤ですが、それでも変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等の伝播のリスクを理論的に完全に否定することはできません。また、近年では厚生労働省の指導により、プラセンタは「血液製剤扱い」となり、さらに平成19年8月の日本赤十字社の通達により、プラセンタ注射や点滴を1度でも受けたことがある方は献血ができなくなりました。
プラセンタ点滴を受けられないケースを教えて下さい。
避妊目的でピルを服用されている方・献血をする予定がある方・妊娠中の方・授乳中の方は施術を受けることができません。ご了承下さい。
また、乳がん手術をした方や更年期障害による子宮筋腫のある方は、女性ホルモンが増える可能性のあるプラセンタ点滴を受ける際には注意が必要です。事前に必ず担当医師にご相談下さい。
施術の年齢制限はありますか?
特にありませんが、若い方よりも年齢を重ねた方の方が、よりしっかりとした効果を実感して頂けるかと思います。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP