• 大塚美容形成外科の埋没法
  • イージースクエア埋没法
  • ナチュラル埋没法
  • フォーエバーブリリアント埋没法

大塚美容形成外科の取り組み

大塚美容の3種類の埋没法

大塚美容形成外科の埋没法は全部で3種類。保証期間や持続性などでお選び頂けます。

イージースクエア埋没法

ナチュラル埋没法

フォーエバーブリリアント埋没法

無料カウンセリング予約

無料カウンセリング予約ボタン

無料メール相談ボタン

資料請求ボタン

無料電話相談フリーダイヤル0120-80-1611

大塚の埋没法のポイント

傷みに配慮した細い針

左から、34G、30G、27G、23Gの針。(手前は太さの参考までに裁縫用の縫い針です)それぞれ、23Gは通常の採血などで使われる針、27Gは形成外科で一般的に顔面に対する施術で使われる針、30Gは当院で一般的に使われる針、34Gは最も極細の針です。

痛みへ配慮した細い針の使用 大塚美容形成外科の埋没法は、どれも点眼麻酔と30Gの極細麻酔針の費用も施術費用に含まれています。

大塚美容形成外科では、患者様の痛みを最大限軽減したいという想いから、注射による麻酔の前にまずは点眼麻酔を行っています。また麻酔注入の際には、担当の医師ができる限りゆっくりと注入していくため、30Gの針でも通常の場合は痛みもほぼありません。それでもどうしても痛みに不安がある場合には、オプションとして34Gの針を用意しております。
当院では一人ひとりの患者様の体調などにあわせて対応を行なえるように心がけています。


特許を取得した傷口の目立たない針

※特許を取得している当院の針は針の先端から根元までのカーブが緩く短いため、皮膚組織を傷めにくい構造になっております。

特許を取得した傷口の目立たない針を使用 皮膚組織を傷めにくい構造のため、傷口が目立ちません。

当院のナチュラル埋没法とフォーエバーブリリアント埋没法では、H・I針という特許を取得した針を使用しているため、傷口が通常よりも目立ちにくくなるという利点があります。 針の先端は丸みを帯びており皮膚組織を痛めません。また針の根本は平らになっており糸をスムーズに通すことができます。


からまりにくい心臓外科用の糸

当院で使用している糸です。心臓外科で使用する大きなケースで糸を保存しているためうねりが少なく、スムーズに手術が行えるという特徴があります。

からまりにくい心臓外科用の糸を使用 うねりが少ない糸を使用するから、施術がスムーズに行えます

大塚美容形成外科のフォーエバーブリリアント埋没法で使用する糸は、からまりにくい心臓外科用の糸を使用しています。通常二重の糸は、小さなケースに糸を何層にも折りたたんで保存しているため、糸にうねりができてしまいます。
当院では、心臓外科でも使用する大きなケースで糸を保存しているため、糸にうねりが少なく細かな外科手術でもからまることなく手術を行うことができます。

無料カウンセリング予約

無料カウンセリング予約ボタン

無料メール相談ボタン

資料請求ボタン

無料電話相談フリーダイヤル0120-80-1611

大塚美容外科が選ばれる理由

全国の医院

無料カウンセリング予約

無料カウンセリング予約ボタン

無料メール相談ボタン

資料請求ボタン

無料電話相談フリーダイヤル0120-80-1611