美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科 >  > 上まぶたたるみ取り(切開法)

上まぶたたるみ取り(切開法)) 余分なたるみを取り優しい目元に たるみ

  • 上まぶたたるみ取り(切開法)とは
  • こんな悩みの方に
  • 当院のこだわり
  • 料金
  • 施術の留意点
  • よくある質問

上まぶたたるみ取り(切開法)とは?

上まぶたたるみ取り(切開法)とは

上まぶたたるみ取り(切開法)とは

年齢を重ねるにつれ、どうしても皮膚がたるんでしまうため、まぶたに覆い被さり、目が三角形に見えてしまうようになります。目が三角形に見えると「老けている」「キツそう」「眠そう」という印象を与えてしまうことも。
「上まぶたたるみ取り(切開法)」とは、年齢とともにたるんでしまった上まぶたのたるみを取り除き、三角形に見えてしまう目を改善する施術です。また、まぶたがたるむと、視野が狭くなって目が疲れてしまい、肩こりの原因になっていることもあります。そのため、施術を行うことにより肩こりや頭痛が解消する場合もあります。

上まぶたたるみ取り(切開法)の特徴

上まぶたたるみ取り(切開法)は眉の下のラインにそって切開し、余分な皮膚を取り除きます。施術の所要時間は1時間ほど。眉の下を切開するので、傷跡は目立ちません。術後、1週間後に抜糸をする必要があります。
「上まぶたがたるみ、老けて見られてしまう」「まぶたが覆い被さって視野が狭い」「目が開けにくく、頭痛や肩こりがある」という方におすすめです。

このページの先頭へ

こんな悩みの方に

case1 まぶたが重く、目が開けにくい方
case2 上まぶたがたるんでいるため、老けて見られてしまう
case3 たるみにより、二重ラインが隠れている方

このページの先頭へ

当院のこだわり

より自然に、若いころの目元に近づける方法です。切開する方法ですがほとんど腫れない手術です。

上まぶたたるみ取り(切開法)の特徴
上まぶたのたるみの原因として(1)上まぶたの皮膚の余り(2)眼瞼下垂(まぶたが開きにくい状態)(3)眉毛下垂(おでこの筋肉が緩んでいる状態)があります。まずは何が原因か診察することが大切です。手術は眉毛の下のラインで切開し、たるんでいる皮膚を切除してからきれいに縫合します。程度の軽い「たるみ」に対しては二重を広げていくだけで改善します。しかしここで大切なことは「皮膚の厚み」です。皮膚が厚い人で二重を広げていくと厚い二重となり、いわゆる「手術しました」という二重になってしまいます。そのような時には上まぶたのたるみ取り手術が適しています。眉毛の位置でたるみを取ります。二重の部分には手術をしないため自然な目元となります。
当院のこだわり

このページの先頭へ

料金

施術名 回数 定価(税抜)
上まぶたたるみ取り
(切開法)※両目
1回 ¥360,000~
他の料金も見る

このページの先頭へ

施術の留意点

所要時間 1時間程度
ダウンタイム 2~3日
腫れ・傷跡 強い腫れはなし
施術の痛み なし~1日
入院・通院 1週間後抜糸の必要があります
麻酔 局部麻酔
持続性 半永久
洗顔 当日から可能(目の周囲以外)
※傷の部分は2日後から
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 抜糸後から可能
料金 ¥360,000~

このページの先頭へ

よくある質問はこちら
料金一覧はこちら

オンラインで相談する

カウンセリング予約をする

0120-80-1611

受付時間:10:00~19:00

ご興味を持たれた方はお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

このページの先頭へ

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー) Cookieに関するポリシー
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.