フェイスリフト

  • フェイスリフトとは
  • こんな悩みの方に
  • 当院のこだわり
  • 料金
  • 施術の留意点
  • よくある質問

フェイスリフトとは?

フェイスリフトとは

フェイスリフトとは

フェイスリフトとは、頬から首にかけた「たるみ」の治療です。手術は耳の周りを切開して耳下腺の表面にあるSMASという膜と首からつながる広頸筋を引き上げます。すると皮膚も引き上がるため皮膚が余ります。余った皮膚を丁寧に切除して縫合します。
「たるみ」の原因は(1)SMAS(膜)の緩み(2)retaining ligament(靭帯)の緩み(3)頬や顎の皮下脂肪(malar fat、jowl fat)の下垂です。当院のフェイスリフトはSMASを引き上げ、靭帯は手術する範囲に応じて必要であれば処理します。皮下脂肪はSMASの引き上げとともにある程度挙上されます。希望があればシルエットリフトを追加することによって皮下脂肪をより引き上げることは可能です。
フェイスリフトというと非常に多くの術式があります。当院で行っている方法はSMAS法といいますが、皮膚だけを引き上げる方法もあります。皮膚だけの方法だと手術時間も1~2時間で入院も必要ありませんが、3カ月~6カ月くらいで戻ってしまいます。SMAS法は、10年以上の長期間で有効な方法です。

フェイスリフトの特徴

フェイスリフトの特徴は「たるみ」に対する治療の中では最も効果が高く持続期間も長いです。その代わりダウンタイムも長く2週~4週ほど必要とします。また手術時間も4時間ほどかかるため通常は全身麻酔で行い、入院も2~3日必要となります。なかなか簡単にはできない手術ではありますが、たるんだ状態を改善するには世界的にもスタンダードな方法です。

このページの先頭へ

こんな悩みの方に

case1 10歳以上エイジングケアしたい
case2 顔全体のたるみを引き上げたい
case3 肌のハリや弾力をアップしたい方
case4 しわを解消したい
case5 毛穴が目立つ
case6 確実にリフトアップしたい
case7 できるだけ長くリフトアップを維持したい

このページの先頭へ

当院のこだわり

頬・あご・首の「たるみ」を引き上げ、10歳以上のエイジングケアを期待できます。効果の持続期間も長いです。

この手術を受ける方で最初に心配されることは切開線だと思います。当院では傷を目立たなくするための工夫があります。「切開する位置」と「傷の緊張度」です。「切開する位置」とは皮膚の厚みを考慮することと、輪郭線に沿って切開することです。「傷の緊張度」とは傷に力がかからないようにすることです。例えば膝や肘など常に力がかかる部分の傷はきれいには治りません。フェイスリフトではたるんだ組織を引き上げて皮膚を縫合するので皮膚だけで引き上げてしまうと傷に力がかかっている状態となり、きれいに治りません。当院ではSMASという皮膚の下(耳下腺の上)の膜を引き上げ固定するため皮膚には全く力がかかっていない状態で縫合できます。これらの工夫によって傷をきれいに治すことができます。
当院のこだわり

このページの先頭へ

料金

施術名 回数 定価(税抜)
フェイスリフト 1回 ¥800,000~
他の料金も見る

※フェイスリフトのオプションとしてオトガイ下の脂肪吸引もあります(¥100,000)

このページの先頭へ

施術の留意点

所要時間 4~5時間
ダウンタイム 10~14日程度
腫れ・傷跡 若干
施術の痛み 痛みが1~2日
入院・通院 2~3日入院・1週間後抜糸の必要があります
麻酔 全身麻酔
持続性 約10年(~半永久)
洗顔 翌日から可能
シャワー・入浴 首下のシャワーは翌日から可能。洗髪は2~3日後から
※退院前に当院の看護師が丁寧に洗髪します。
メイク 2~3日後 
料金 ¥800,000~
※フェイスリフトのオプションとしてオトガイ下の脂肪吸引もあります(¥100,000)

このページの先頭へ

よくある質問はこちら
料金一覧はこちら

オンラインで相談する

カウンセリング予約をする

0120-80-1611

受付時間:10:00~19:00

ご興味を持たれた方はお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

このページの先頭へ

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー) Cookieに関するポリシー
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.