レディエッセ注入。クマを内面からふっくらさせ柔らかくハリのある肌に。クマ

  • レディエッセとは
  • こんな悩みの方に
  • 当院のこだわり
  • 料金
  • 施術の留意点
  • よくある質問

レディエッセとは?

レディエッセ注入が適する部位とは

自然な仕上がりのレディエッセ注入について

レディエッセとは、骨や歯を形成するカルシウムの一種であるハイドロキシアパタイトが主成分で一般の外科診療でも使われています。ヒアルロン酸よりも粘性が強く、注入後は約2週間ほどかけてゆっくりと固まるため自然な膨らみやハリになります。傷跡やダウンタイムもなく、個人差はあるものの効果は1年~1年半ほど持続します。生体適合性は100%、アレルギーテストも不要です。アメリカFDAやヨーロッパCEでも承認されている素材です。

レディエッセ注入が最適な下まぶたのたるみについて

レディエッセ注入が適する部位とは

レディエッセは、目の下のクマ治療に適しています。特に目の下のクマの場合は原因が様々なため、きちんと診療した上で適した治療を提案しないといけません。クマができる原因としては色素沈着、眼窩脂肪の膨らみによる凹凸、加齢による皮膚のたるみ、一過性のものなどいくつかありますが、このうちレディエッセを使用するのは、眼球を支えている眼輪筋の衰えが原因の場合です。
通常は、眼輪筋が眼窩脂肪(目の下の脂肪)をネットのように支えているのですが、加齢によって脂肪を支えてる眼輪筋が衰え、さらに眼球を支えている隔膜も同時にゆるんでくるため眼窩脂肪が前のほうに押し出されてしまい、若い頃にはなかったくぼみが目の下にできてしまいます。結果、目の下に陰影が入りクマのように黒くなって見えます。
眼窩脂肪が多い場合は、レディエッセ注入だけではなく、下まぶたの内側から余分な脂肪を除去する脱脂法を併用します。施術はまぶたの内側で行うので、傷跡も残らず抜糸も不要です。

下まぶたへのレディエッセ注入の際の注意点

下まぶたは皮膚がとても薄いため、注入の際には細心の注意が必要です。皮膚組織を傷つけないように従来の注射器ではなく、先端の丸い「ピクセルカニューレ」という針を使用します。外科経験が多く技術力のある医師が行うことで、内出血等を最小限に抑えます。
レディエッセ注入が適する部位とは

このページの先頭へ

こんな悩みの方に

case1 目の下のクマが気になる
case2 頬の上部に斜めのくぼんだラインがある

このページの先頭へ

当院のこだわり

目の下の凹みに自然な膨らみを作ります

目の下の凹みを膨らます場合に最も注意しなければならないことは、膨らみすぎないように注入することです。そのためには注入する部位と注入物の種類が重要となります。まず、部位は眼窩下縁という骨の直上に注入します。注入物の種類としてはヒアルロン酸ではなくレディエッセを使用します。ヒアルロン酸は注入すると水分を吸収して膨らむため自然な状態になるまで1~2ヵ月ほどかかります。一方、レディエッセは注入後に徐々に固まるため注入した量よりも膨らむことはなく、骨の近くに注入するため固まってくることによって、触った感じもより自然な感触になります。ただし、注意点はヒアルロン酸のように溶かすことはできないため技術が必要となります。
当院のこだわり

このページの先頭へ

料金

施術名 回数 定価
レディエッセ注入 1.5cc ¥180,000
レディエッセ注入 0.8cc ¥130,000
他の料金も見る

このページの先頭へ

施術の留意点

所要時間 20分
ダウンタイム なし
腫れ・傷跡 特になし
施術の痛み チクっとする程度
入院・通院 なし
麻酔 必要な方には麻酔クリームを塗布します
持続性 1~1.5年
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 当日から可能
料金

0.8cc ¥130,000
1.5c ¥160,000

このページの先頭へ

よくある質問はこちら
料金一覧はこちら

オンラインで相談する

カウンセリング予約をする

0120-80-1611

受付時間:10:00~19:00

ご興味を持たれた方はお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

このページの先頭へ

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー) Cookieに関するポリシー
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.