表情じわ抑制剤注射

表情じわ抑制剤注射

注入術で、気になる表情じわを解消!

表情じわ抑制剤注射について

表情じわ注射とは

表情じわ注射とは

表情じわ注射に使用する薬剤は、抽出したたんぱく質の一種で、一般医療では筋肉の動きを抑制する目的で使用されています。

この表情じわ注射を表情筋に注射をすることで、神経末端からの伝達物質(アセチルコリン)の放出を抑えて筋肉の過度な動きを抑制し、額、眉間などの表情じわや目尻のしわ、顎のしわを改善します。

表情じわ抑制剤注射が適する部位とは

表情じわ抑制剤注射が適する部位とは

表情じわ注射は局所的に筋肉の働きを弱める作用があるため、眉間の縦じわ、額の横じわ、眼尻にできる笑いじわなど、一般的に「表情じわ」と言われる"顔を動かすことによりできるしわ"の解消に効果があります。

注射1本でしわを解消できるので、メスを使用した手術に抵抗がある方におすすめです。また、所要時間も10分ほど、痛みやダウンタイム、副作用も殆ど無くシワを解消できる施術です。

当院では専門の医師が患者様一人ひとりを診察し、注入に適した箇所や注入量を決定しているので、表情が不自然になってしまうようなことはありません。
また、表情じわ注射には汗の分泌を抑える効果もあります。ワキに注入することで汗腺の神経に作用し汗の分泌を抑えます。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
表情じわ抑制剤注射は筋肉を緩めて表情じわを無くします。

自然な表情を残しつつ、しわの治療を行うには骨格や筋肉の違いを認識して注入する必要があります。

表情じわ注射による治療は筋肉を緩めて表情じわを無くす治療です。しかし筋肉の付き方や癖による左右差や骨格の違いによる筋肉の違いがあります。これを治療する前によく観察し、表情じわ注射を注入しても不自然にならないかどうかを見極めてから治療を行います。

当院で使用している表情じわ注射

大塚美容形成外科では、様々な種類の表情じわ注射を、患者様の症状や注入部位に合わせてお選び頂けます。

表情じわ抑制剤A

表情じわ抑制剤A

表情じわ抑制剤Aは、アメリカのA社(Allergen)が製造する、米国FDA承認、日本の厚生労働省承認の表情じわ抑制剤です。

表情じわ抑制剤Aの3つの特徴

  • 国内で唯一、厚生労働省認可の製品
  • 世界中で利用されている
  • 徹底した品質管理と保管・輸送方法

日本国内で唯一、厚生労働省認可の製品

表情じわ抑制剤A

表情じわ抑制剤Aは、日本国内で唯一、厚生労働省によって製造販売が認可された製品です。つまり、他の表情じわ抑制剤とは違い、日本人での有効性と安全性が確認されている製品なのです。

表情じわ抑制剤Aはすでに日本でも症例があり、また徹底した品質管理下で輸入されています。効果の範囲も広く、しわの緩和以外にも多汗症・わきが解消や小顔治療、痩身治療などといったものにも利用されています。

世界中で利用されている表情じわ抑制剤

表情じわ抑制剤A

表情じわ抑制剤Aは日本だけでなく、アメリカを始め、イギリス・ドイツ・フランスなど、世界80ヵ国以上で「表情じわ・眉間のしわ等の肌の治療」への適応が承認されており、美容治療・エイジングケア治療に広く用いられています。(2014年2月現在)

徹底した品質管理と温度管理

表情じわ抑制剤Aは厳しい製品管理が行われており、厚生労働省に承認された厳格試験を実施し、徹底した温度管理のもと保管されます。また、製造時には無菌状態で製造され、厳重な管理のもと、保管・輸送され、医療機関に届けられます。

また、表情じわ抑制剤A販売後も追跡調査を行うなど、常に有効性と安全性を確認しています。

また、表情じわ抑制剤Aを用いた治療を行うには、販売元であるA・ジャパン株式会社のによる公式なセミナーを受講し、認定医とならなければなりません。

表情じわ抑制剤B

表情じわ抑制剤B

表情じわ抑制剤Bは、ドイツのB社が製造する、最先端の表情じわ抑制剤です。2010年以降、米国FDAだけでなく、欧州のCE、韓国のKFDAで承認を受けています。

表情じわ抑制剤Bの3つの特徴

  • 含有される複合タンパクの量が少ないので抗体ができにくく、継続治療に向いている
  • 他の表情じわ抑制剤よりも早く効果を実感できる
  • 温度変化による変性がないので安定した効果を実感できる

抗体ができにくい表情じわ抑制薬

複合タンパク排除のイメージ
表情じわ抑制剤Bの複合タンパク排除のイメージ

美容治療に使用されるA型ボツリヌス菌毒素製剤は、「複合タンパク」というヒト由来のタンパク質と表情じわ抑制薬を結合させて製造されており、このため、わずかに使用されているヒト由来のタンパク質を使用することによるリスクがあることと、繰り返し使用することにより「抗体(耐性)」ができてしまい、表情じわ抑制薬の効果が出なくなるかもしれないという問題がありました。

表情じわ抑制剤Bはこういった副作用や抗体が作られてしまうリスクを限りなくなくすため、余計な複合タンパクを限りなく排除してあります。このピュアな表情じわ抑制薬を作る技術は、B社ならではの特許技術です。

表情じわ抑制薬の抗体について

表情じわ抑制薬の中和抗体は、表情じわ抑制薬での肌の治療を30歳から始めて、年3回、10~20単位の治療を65歳まで続けると、抗体ができると言われています。

抗体ができる累積投与量は、個人差もありますが、大体2,000~4,000単位とされています。ですから、若い頃から表情じわ抑制薬で肌の治療を続けている方は、年齢を重ねるにつれて抗体ができてしまうリスクが高まる、ということになります。

早く、安定した効果を実感できる

表情じわ抑制剤Bの安定した効果

他の表情じわ抑制剤の場合、注入後約1週間程度で徐々に効果が見られますが、表情じわ抑制剤Bは注入後3日程度で効果を実感して頂けます。

他の表情じわ抑制剤は、熱が加わると表情じわ抑制薬自体の活性がなくなってしまうことがあり、冷蔵保存で輸入・輸送されています。それに対して表情じわ抑制剤Bは常温での輸入・配送・保存が可能なため、温度変化による変質を気にすることなく安定した効果を実感して頂けます。

表情じわ抑制剤C

表情じわ抑制剤C

表情じわ抑制剤Cは韓国のH社が開発し、HB社が販売する表情じわ抑制剤です。従来製品と比較臨床治験を行い、従来の表情じわ抑制剤と同様の効果を有することがKFDA(韓国食品医薬品安全庁)によって認可された製品です。

表情じわ抑制剤Cの3つの特徴

  • KFDA(韓国食品医薬品安全庁)承認済み
  • 欧米の美容治療の歴史が10年以上
  • 温度変化による変性がないので安定した効果を実感できる

安い費用で安定した効果

表情じわ抑制剤Cは従来の表情じわ抑制剤と比較臨床治験を行い、従来製品と同様の効果を有するとKFDA(韓国食品医薬品安全庁)により認められています。
すでに日本国内でも様々な美容外科で使用されております。

また、表情じわ抑制剤Cはジェネリック(後発医薬品)なので、他の表情じわ抑制剤に比べると安価でコストパフォーマンスに優れています。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    表情じわで悩んでいる方
  • Case 2
    手術をするのに抵抗がある
  • Case 3
    エイジングケアしたい方
  • Case 4
    誰にも気づかれずにしわをなくしたい

施術の留意点

所要時間 10分
ダウンタイム なし
腫れ・傷跡 特になし
施術の痛み チクっとする程度
入院・通院 なし
麻酔 必要な方には麻酔クリームを塗布します
持続性 4ヵ月
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 当日から可能

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 回数 定価(税抜)
表情じわ抑制剤C 1回 1部位 ¥14,500
表情じわ抑制剤A(厚労省認可) 1回 1部位 ¥25,000
表情じわ抑制剤B 1回 1部位 ¥80,000

よくあるご質問

表情じわ抑制剤注射で効果があるシワとは、どんなシワですか?
表情じわ抑制剤注射は、笑ったときなどに目尻や眉間などにできる「表情じわ」に効果を発揮します。逆にほうれい線などの常にある固定のシワにはあまり効果を発揮しません。
どのぐらいで効果を時間出来ますか?
表情じわ抑制剤注射後、3日~7日ぐらいで段々と効果を実感して頂けます。表情じわ注射の効果は約4か月持続します。繰り返し注入していただくことで、効果が持続しやすくなります。
肌・美容皮膚科の施術
しみ・あざ・肝斑
ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)治療
Qスイッチ付きルビーレーザー
∨ビームレーザー
プラセンタ内服カプセル
ほくろ・いぼ
電気メス、CO2レーザー
ほくろ取り(切縫)
クマ
ヒアルロン酸注入
ハイドロキシンアパタイト注入
Qスイッチ付きルビーレーザー
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
しわ
エンディメッドPro
エンディメッド フラクショナル
プラセンタ内服カプセル
ヒアルロン酸注入
表情じわ注射
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
内視鏡ブローリフト(額)
たるみ
エンディメッドPro
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
スピーディリフト(糸)
スピーディミントリフト(糸)
シルエットリフト(糸)
3Dリフト(糸)
スプリングスレッドリフト(糸)
フェイスリフト
ミニリフト
フルフェイスリフト
内視鏡ブローリフト(額)
こめかみリフト
脂肪吸引(フェイスライン)
上まぶたたるみ取り(切開法)
上まぶたたるみ取り(FB埋没法)
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
ニキビ・ニキビ跡治療
エンディメッド フラクショナル
ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)治療
∨ビームレーザー
フラクショナルレーザー
CO2レーザー
内服薬(ニキビ治療)
赤ら顔
∨ビームレーザー
タトゥー・入れ墨除去(消し)
レーザー除去
切縫・皮膚移植
美容皮膚科・スキンケア
ビタミンA誘導体(しみ取りクリーム)治療
プラセンタ内服カプセル
飲む日焼け止め(ヘリオケア・ソルプロ)
ドクターズコスメ NBシリーズ
クレンジングオイル
フェイシャルフォーム
モイスチャーローション
トーニングローション
モイスチャーエッセンス
パーフェクトクリーム
UVプロテクション
ソフトピーリングジェル
肌・美容皮膚科 その他診療内容 切らない治療 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP