ほくろ・いぼの施術について

ほくろ・いぼの施術

気になっていたホクロやイボも綺麗に除去できます。

ほくろ・いぼの原因を知ることが大切です

ほくろ・いぼの治療法

ほくろ・いぼの治療法

「目立つところにあるほくろを取りたい」「いぼが気になるので除去したい」など、顔や身体のほくろやいぼで悩まれている方は実は多いものです。

特に顔周りや首などの場合、なかなかメイクなどでは隠すことができないほくろやいぼも多いので、除去することで全体の印象が変わることもあります。

ほくろ治療について

ほくろ治療について

ほくろの場合は基本的に電気メスや炭酸ガスレーザーによって簡単に除去することができます。ほくろの大きさ・根の深さによって異なりますがほぼ1~2回で除去することが可能です。この治療の場合は痛みや出血もほとんどなく、当日には洗顔やメイクも可能です。

なお、ほくろの大きさや場所によっては除去ではなく、切縫という手術となる場合もあります。

いぼ治療について

いぼ治療について

顔や身体にできたいぼについても、電気メスや炭酸ガスレーザーによってわずか数分できれいに除去できます。出血もなく、術後の縫合や抜糸の必要もありません。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
症状に合わせて様々な治療方法をご提案いたします。

ほくろやいぼといった良性腫瘍の治療原則は正常組織を傷つけないこと、除去した後の傷を目立たなく仕上げることです。小さいものであればレーザーで削りますが深さに注意して削ることによりきれいに治すことができます。

ほくろの大きさによっては切開する方がきれいに仕上がります。切開する際にはRSTL(Relaxed skin tension line)に合うようにデザインして切開縫合することにより傷が目立たなく治ります。

ほくろ・いぼの種類

ほくろ = 色素性母斑(母斑細胞性母斑) ほくろ = 色素性母斑(母斑細胞性母斑)

ほくろは医学的には「色素性母斑」といわれます。表皮と真皮の境目や真皮の中に存在している母斑細胞がメラニン色素を作り出すために、褐色ないし黒色の母斑(ほくろ)になります。表面に凹凸ができることもあります。

小さなほくろは電気メスやレーザーでほくろ全体を除去します。大きいほくろの場合は切縫法が一般的です。かなり大きいほくろの場合は数回に分けて少しずつ切り取り縫い合わせます。

老人性の盛り上がったいぼ = 老人性疣贅(ゆうぜい) 老人性の盛り上がったいぼ = 老人性疣贅

「老人性いぼ」「年寄りいぼ」といわれるもので、皮膚の老化ととも発症する良性腫瘍です。皮脂腺の多い脂漏部位に多く発生する脂漏性角化症のため、悪性化することはほとんどありません。老化と紫外線が主な原因です。ウイルス性のいぼ等は若い人にもできることがあります。

いぼは、顔や頭、首をはじめ全身どこにでもできます。色は、普通の皮膚の色から褐色・黒色まで様々なものがあり、形も平らなものや隆起したものなどがあります。始めは数ミリでも次第に大きくなっていくものもあります。紫外線に当たることで増加します。老人性のしみと一緒に発生することも多いです。年々増加したり大きくなることもあるので、いぼが多発している方は一度医師に相談してみることをお勧めします。

ほくろ・いぼの施術一覧

大塚美容が支持される理由

  • 小さな手術で理想に近づく

    創立以来の当院の基本理念です。患者様の心身のご負担を少しでも取り除くことができる手術の提案をし、また、患者様のご希望をきちんと理解することで、効果を導き出しています。

  • 大塚美容形成外科の実績

    1976年の大塚院開設以来の歴史があり、技術力は世界各国の学会で評価を得ています。また学んだノウハウを活かし施術を行っています。

  • 当院ならではの技術力

    日本形成外科学会や大学病院で経験を積んだ形成外科医・美容外科医が在籍し、日々技術力の向上に努めています。また更なるスキルアップのため医師同士の意見交換会も実施しています。

  • カウンセリング

    手術方法だけではなく、メリット・デメリットについても説明します。手術前の不安を取り除いてください。また手術後は、メール相談や24時間対応の緊急連絡先にいつでもご相談可能です。

肌・美容皮膚科 その他診療内容 切らない治療 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP