注入術による多汗症治療

多汗症治療(注入術)

気になる汗(多汗症)を、切らずに注入術で解決!

注入術による多汗症治療とは?

幅に対して4割の大きさの画像

注入術によるワキ汗(多汗症)治療は、人気の施術です。
手術をせずに注射を打つだけ。たった10分ほどで治療が完了します。

一度注射をすれば持続期間は半年程度。
汗や臭いが特に気になる時期を中心に対策される方も多くいらっしゃいます。

ワキ汗を抑えることで軽度のワキガを防ぐ効果もあります。

※当院では手術によるワキ汗・ワキガ治療も行っています。 半永久的にワキ汗やワキガを治したいという場合は手術による治療も可能です。

注入術の効果

注入術

注入術に使用する薬剤は、神経伝達物質「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあり、一般にはシワの治療に使われる製剤として知られています。
この薬剤を脇に注入することで、汗の分泌を促進するアセチルコリンの分泌を抑制し、発汗を抑えます。 特に皮膚の浅部に多いエクリン汗腺の発汗を抑えることができるため、ワキ汗(多汗症)に効果的です。

エクリン汗腺から出る汗がアポクリン汗腺を刺激してワキガを引き起こすことがある為、ワキ汗を抑えることで、軽度のワキガを防ぐ効果もあります。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    肌を露出する時期だけでもワキ汗を防ぎたい
  • Case 2
    ワキ汗治療はしたいが手術をする時間が取れない

施術の留意点

所要時間 10分
ダウンタイム なし
腫れ・傷跡 なし
施術の痛み チクッとする程度
入院・通院 なし
麻酔 麻酔クリーム
持続性 6ヶ月
シャワー・入浴 当日から可能(術後3時間以降)

当院のこだわり

効果を長くしっかり持続させるには注入時の深さが重要です

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
アポクリン腺はアドレナリン作動性の発汗=精神性の発汗に関係しており、エクリン腺はコリン作動性の発汗=温熱性発汗に関係しています。注入術で使用する薬剤はアセチルコリンの分泌を抑制するため直接的にはエクリン腺からの汗を抑えます。よって夏場にかけてワキの汗を抑える場合には注入術が有効です。注入の際には皮膚内の真皮層(エクリン腺が存在する深さ)に正確に注入することにより、より効果が得られるようにしています。 ネット予約

施術料金

多汗症(注入術)

料金(税抜)
注入術 100単位 A社製 ¥46,000
B社製 ¥105,000
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP