こめかみ形成(プロテーゼ挿入)

こめかみ形成(プロテーゼ挿入)

プロテーゼを挿入することにより、注入術よりも希望に近いこめかみの形に仕上げることができます。

こめかみ形成とは

ご希望の形に近い仕上がりです

アゴが前に出てしまっている方に

当院ではこめかみ形成としてプロテーゼ挿入を行っています。ヒアルロン酸注入、脂肪注入と比較すると、希望に近い形に仕上げることが可能です。筋肉の下に挿入するため触ってもわかりません。

人口軟骨でできたプロテーゼは、挿入前に一人一人のフェイスラインに沿った形になるように調整した上で挿入します。挿入は頭髪内を切開するため傷跡はほぼ目立ちません。

こめかみ形成の施術プロセス

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
卵型の輪郭を作ることができます。

シリコンプロテーゼをこめかみ部分に挿入することで輪郭を作ります。もともと、こめかみ部分はわずかな左右差がある方が多いです。プロテーゼは左右差を考慮して作成するため挿入したときにきれいな卵型の輪郭を作ることができます。切開は毛髪内なので見えません。

挿入されたプロテーゼは、側頭筋と骨の間に挿入されているため触っても分かりません。プロテーゼによるこめかみ形成は吸収されることがないため半永久的な効果です。

こめかみ形成のプロセス

  • こめかみ形成(プロテーゼ挿入)の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • こめかみ形成(プロテーゼ挿入)の施術プロセス その2 一人一人のフェイスラインに沿った形になるようにプロテーゼを調整し、局所麻酔後に挿入します。挿入は頭髪内を切開するため傷跡はほぼ目立ちません。
  • こめかみ形成(プロテーゼ挿入)の施術プロセス その3 凹んでいたこめかみが改善し、若々しい印象に!

こんな悩みの方に

  • Case 1
    こめかみのくぼみが気になる
  • Case 2
    卵型の輪郭をつくりたい

施術の留意点

所要時間 約30分
腫れ・傷跡 1週間ほど
施術の痛み 麻酔をする際にチクッとする程度
入院・通院 10日目に抜鉤(ばっこう)が必要です
麻酔 局所麻酔
持続性 半永久的
洗顔 施術部位以外は当日可
シャワー・入浴 シャワーは当日可。入浴は抜鉤(ばっこう)後(洗髪は2日後)
メイク 部分メイクは手術当日でも可能

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 定価(税抜)
プロテーゼ挿入 ¥600,000

よくあるご質問

施術の傷は目立ちませんか?
プロテーゼ挿入は頭髪内を切開するため、傷跡はほぼ目立ちません。
抜鉤(ばっこう)とは何ですか?
抜鉤(ばっこう)とは、施術の際に傷口を閉じるために使う「スキンステープラー」というホチキスの針を取り除くことです。
プロテーゼ挿入では、10日目に抜鉤(ばっこう)が必要です。
小顔・輪郭・アゴ その他診療内容 切らない治療 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP