頬注入(ヒアルロン酸・自己脂肪)

頬注入(ヒアルロン酸・自己脂肪)

こけた頬を注入術でふっくらと優しい印象に。

頬注入とは

頬をふっくらとさせたい方に

頬をふっくらとさせたい方に

頬にボリュームを出す方法には、ヒアルロン酸注入や自己脂肪注入といった注入術があります。ヒアルロン酸は数年で体内に吸収されてしまいます。自己脂肪注入は半永久的にふくらみを維持することができます。

また、頬全体にボリュームを出す方法と頬の一部のみにふくらみを持たせる方法があるため、事前に医師のカウンセリングで状態や要望等を伺った上で判断します。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
ふっくらとした頬で、優しく若々しい印象になります。

頬の陥凹部に対してヒアルロン酸や自己脂肪注入により輪郭に合わせた適度な膨らみを作ります。頬を膨らますとなると抵抗感を感じる方が多いですが、20代の方でも老けて見える場合には頬の凹みが原因のことがあります。滑らかな輪郭を作ることによりエイジングケア効果があります。注入する深さは咬筋の上となるよう針の深さに注意して注入します。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは

ヒアルロン酸注入とは

ヒアルロン酸はもともと人体にある成分なので、アレルギーテストも必要ありません。頬へ注入する際には、頬骨の下あたりからゆっくりとヒアルロン酸を注入していきます。極細の針で注入しますので傷跡は目立ちません。

ヒアルロン酸注入の施術プロセス

  • 頬注入(ヒアルロン酸)の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 頬注入(ヒアルロン酸)の施術プロセス その2 局所麻酔をした後、患部にヒアルロン酸を注入します。
    手術は10分程度です。
  • 頬注入(ヒアルロン酸)の施術プロセス その3 ふっくらとした頬に!

自己脂肪注入

自己脂肪注入とは

自己脂肪注入とは

自己脂肪注入は、自身の太ももやお腹等の余分な脂肪を吸引し、必要成分のみを取り出して頬の気になる部位に注入する治療法です。自身の脂肪のため異物反応もありません。
自己脂肪は定着率が50%程度なので、ふくらみをしっかり出すためには2回程度の治療をお勧めします。

自己脂肪注入の施術プロセス

  • 頬注入(自己脂肪注入)の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 頬注入(自己脂肪注入)の施術プロセス その2 局所麻酔をした後、患部に脂肪を注入します。
    手術は60分程度です。
  • 頬注入(自己脂肪注入)の施術プロセス その3 ふっくらとした頬に!
    しっかりと脂肪を定着させるために、2回以上の施術を行うことをお勧めします。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    頬がこけていて痩せて見える
  • Case 2
    頬にボリュームがない

施術の留意点

ヒアルロン酸 自己脂肪注入
所要時間 約10分 約1時間
腫れ・傷跡 なし 1週間ほど
施術の痛み 麻酔をする際にチクッとする程度
入院・通院 なし 脂肪吸引部位 7日目抜糸
麻酔 局所麻酔
持続性 6ヵ月~12ヵ月 半永久的
洗顔 当日から可 翌日から可
シャワー・入浴 当日から可 施術部位以外は当日可能。
入浴は抜糸後
メイク 当日から可 部分メイクは手術当日でも可能

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 容量 定価(税抜)
ヒアルロン酸注入 1本・1ml ¥80,000 長期持続型
¥80,000 厚生労働省認可
自己脂肪注入 ¥300,000

※自己脂肪注入については、高濃度自己脂肪注入(顔用)を使用した場合は別途¥50,000

よくあるご質問

ヒアルロン酸注入と自己脂肪注入の違いを教えて下さい
ヒアルロン酸は1年程度で体内に吸収されてしまいます。それに対して自己脂肪は2回以上の施術を行い、定着した脂肪はほぼ永久的に残ります。
自己脂肪注入は何回ぐらい行えば良いですか?
自己脂肪は注入後の定着率が50%程度なので、ふくらみをしっかり出すためには2回程度の治療をお勧めしています。
小顔・輪郭・アゴ その他診療内容 切らない治療 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP