ハンプ削り(ワシ鼻)による鼻の美容整形

ハンプ削り(ワシ鼻)

ハンプ(突き出た部分)を削って女性らしい優しい顔立ちに。

ハンプ削り(ワシ鼻)について

横に広がったり張っている小鼻を縮小する手術です

横に広がったり張っている小鼻を縮小する手術です

鼻すじの途中から隆起し、全体的に下がって見えるワシ鼻は男っぽくがっしりとした印象を与えてしまいがち。ハンプ(突き出た部分)を削ると、やさしく女らしい顔立ちに早変わり。ほっそりとした美しいラインを実現します。

ハンプ(突き出た部分)の原因は2つあります。骨性と軟骨性です。多くは両方が原因となっています。骨の突き出た部分に対してはヤスリで削って隆起を平らにします。

軟骨の部分はメスを使って隆起している軟骨を切開して平らにしていきます。ヤスリで削ることはそれ程難しい作業ではありませんが、メスで切除する部分はメスの角度によって変わってしまいますので技術が必要です。

顔立ちに合ったラインをデザインします

顔立ちに合ったラインをデザインします

患者様の骨格を診断し、切除する鼻骨を決め、顔立ちに合ったラインをデザインしていきます。まずは正面・横から鼻のラインを入念にチェックします。

施術は局所麻酔を行い、片方または両方の鼻孔の中を数ミリ切開し、突き出ている余分な鼻骨を切除します。鼻孔の中を切開するため、傷跡が目立つことはありません。

ハンプ削り(ワシ鼻)の施術プロセス

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
ハンプとは「隆起している」という意味です。

ハンプは、鼻骨部分と軟骨部分の移行部が盛り上がっている状態のことを指します。

手術では隆起している部分を削ります。ただし削るだけでは鼻の頂点部分は幅が広くなってしまうので、程度にもよりますが削ってから小さいプロテーゼを挿入したり、鼻骨骨切りを行ったりする場合もあります。

ハンプ削り(ワシ鼻)のプロセス

  • ハンプ削り(ワシ鼻)の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • ハンプ削り(ワシ鼻)の施術プロセス その2 化膿しないよう、鼻を消毒し、局所麻酔を注入します。
  • ハンプ削り(ワシ鼻)の施術プロセス その3 鼻孔の中を切開し、隆起している部分を削り、切除して平らにします。
    施術時間は約30分です。
  • ハンプ削り(ワシ鼻)の施術プロセス その4 傷口を縫合して完成です。効果は半永久的に持続します。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    ワシ鼻が気になる
  • Case 2
    鼻のラインをすっきりしたい
  • Case 3
    顔立ちをやさしい印象にしたい

施術の留意点

施術時間 約30分
ダウンタイム 約1週間
腫れ・傷跡 術後約1週間は腫れる場合があります。鼻孔の中を切開するので、傷跡は目立ちません。
施術の痛み 個人差はありますが、手術中の痛みはほとんどありません。
入院・通院 入院は不要。個人差はありますが、術後3回ほどの通院が必要です。
麻酔 局所麻酔または全身麻酔
持続性 半永久的
洗顔 抜糸後から可能
シャワー・入浴 シャワーは手術当日でも可能。シャンプーは翌日以降から可能。
メイク 部分メイクは手術当日でも可能。

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 回数 定価(税抜)
ハンプ削り(ワシ鼻) 1回 ¥400,000

よくあるご質問

施術後どのぐらいで普段の生活ができるようになりますか?
個人差はありますが、大体3週間~4週間程度です。シャワーは手術当日から、シャンプーは翌日以降から可能です。
ハンプ削りで鼻が低くなるようなことはありませんか?
ハンプ削りは鼻のハンプ(突き出た部分)を削って、ほっそりとした美しいラインにします。ですから、削った部分は低くなります。ですが、当院では経験を持った医師が、全体のバランスを見ながら施術を行いますので、鼻が低くなったように見えることはありません。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP