鼻尖修正術内側から切開するので、傷跡も目立たない仕上がり。

  • 鼻尖修正術とは
  • こんな悩みの方に
  • 当院のこだわり
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 施術の留意点
  • よくある質問

鼻尖修正術

鼻孔が横に広がり、鼻先が丸く見えてしまうだんご鼻は鼻に関するお悩みの中でも一番多いご相談の1つです。

だんご鼻は鼻先の軟骨の発達や皮下脂肪が厚いなど、原因はさまざま。『鼻尖修正術』は余分な軟骨や皮下脂肪など、鼻の内側からだんご鼻の原因を取り除くので、傷跡も目立ちません。 まずはカウンセリングを行い、だんご鼻の原因を診断した後、理想のラインを伺い、患者様の鼻全体を見てデザインします。鼻をきれいに消毒し、部分麻酔を行います。鼻の内側を7~8mm切開し、軟骨や皮下脂肪などだんご鼻の原因を取り除き、縫合軟骨や皮下脂肪などだんご鼻の原因を取り除き、縫合。溶けてしまう特殊な糸を使用するので、抜糸の必要はありません。効果は半永久的に持続します。

このページの先頭へ

鼻尖修正術について

(1)鼻の穴の内側からメスを入れ、数ミリ単位でコンパクトに切開をします。
(2)その位置から余分な鼻の軟骨や皮下組織を取り除きます。
(3)最後に鼻尖の軟骨を縫合して、高くすっきりとした形に整えます。場合によっては同時にプロテーゼを挿入して鼻全体を高くすることもできます。
*手術に要する時間は30~40分程度。手術糸には特殊な溶ける糸を使用するため、抜糸の必要はありません。

鼻尖修正術について

このページの先頭へ

こんな悩みの方に

case1 だんご鼻が気になる
case1 鼻先を小さくしたい
case1 鼻をすっきりしたい

このページの先頭へ

当院のこだわり

鼻尖修正とは鼻先の軟骨(鼻翼軟骨)を部分的に切除して鼻先を細くする目的で行う施術です。

ただし鼻先が広い(丸い)原因は軟骨の形、皮膚の厚み、鼻先の軟部組織(脂肪)と軟骨だけが原因ではないため手術の適応を確認することが大切です。また鼻翼軟骨が非常に薄いと手術を行っても効果が弱い場合もあります。術前に熟練した医師による診察が大切になります。当院の術式は軟骨を切除する方法なので時間が経過しても戻ることはなく、永久的に持続します。また切除した軟骨を鼻先部分に移植することもできます。

当院のこだわり

このページの先頭へ

施術の流れ

step1 消毒 化膿しないよう、鼻をきれいに消毒します。
step2 麻酔 部分麻酔を塗布します。
step3 切開 鼻の内側から数ミリ切開し、余分な鼻の軟骨や皮下組織を除去。
step4 縫合 鼻にギプスを5~7日程度装着します。

このページの先頭へ

料金

施術名 回数 定価(税抜)
鼻尖修正術 1回 ¥400,000
他の料金も見る

このページの先頭へ

施術の留意点

所要時間 約30分
ダウンタイム 約1週間
腫れ・傷跡 術後約1週間は腫れる場合がありますが、傷跡は残りません。
施術の痛み 個人差はありますが、手術中の痛みはほとんどありません。
入院・通院 5~7日後にギプスをはずすために来院が必要です。
麻酔 部分麻酔
持続性 半永久的
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 シャワーは手術当日でも可能。シャンプーは翌日以降から可能。
メイク 術後1週間はギプスのため、外出時はマスクをすることをお勧めします。
その他の部分メイクは翌日から可能です。

このページの先頭へ

よくある質問はこちら
料金一覧はこちら

オンラインで相談する

カウンセリング予約をする

0120-80-1611

受付時間:10:00~19:00

ご興味を持たれた方はお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー) Cookieに関するポリシー
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.