鼻中隔延長による鼻の美容整形

鼻中隔延長

上向きの鼻の鼻中隔を長くして美しい鼻筋へ。

鼻中隔延長について

鼻すじを長く、鼻先を下向きに修正します

鼻すじを長く、鼻先を下向きに修正します

鼻中隔とは、鼻を左右に仕切っている軟骨で、鼻すじや鼻先の向きを決定します。
鼻中隔が短いと鼻すじが短くなり、鼻先は上向きになりますが、それを修正するのがこの鼻中隔延長です。鼻中隔を長くすることで鼻すじを長く、鼻先を下向きに修正します

鼻中隔延長の施術プロセス

鼻すじを長く、鼻先を下向きに修正します

豚軟骨は、人体に害がない医療用の素材です

豚軟骨は人体に近い素材です。しかも通常の鼻中隔延長と違って自分の身体を傷つけて組織を採取する必要がありません。そのため、施術の際の傷をなるべく小さくして施術の時間を短縮することができ、施術を受ける患者様の負担をできる限り抑えることができます。

人体に無害で施術時間を短縮できるメリットがあります PRC(Porcine Rib Cartilage)の特徴

当院で使用されている豚軟骨は、検証を行って採取したあとに移植に適合した加工処理法によって無菌に処理された製品です。 バクテリアやウィルスだけでなく、除去が難しいとされてきたプリオンまでも破壊し、無力化させる複合的な方法で処理を行い、感染症等のリスクが皆無となっております。

PRC(Porcine Rib Cartilage)の特徴
  • 人体に近い素材で、代替物としては効果的に使用することができる素材です
  • 自分の体を傷つけて組織を採取する必要がありません
  • 施術の際に伴う合併症がなく、回復時間を短縮することができます
  • 追加の治療を並行して行う必要がありません
  • 人体から採取できる組織よりも、多くの量を利用することができます
  • 施術後の痛みや傷痕の心配が不要です
  • 準備する時間が不要で、直ちに使用可能なので手術時間を短縮することができます

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
鼻先を下に向ける目的で行う手術です。

鼻中隔延長は「鼻先を下に向ける」「短い鼻を長く見せる」「鼻の孔を見えにくくさせる」目的で行います。

当院では延長する量に合わせて移植する材料をご提案しています。それぞれの材料にメリットデメリットがあるので、よく説明したうえで納得できる材料を選びます。手術中に鏡で確認できるので、実際にどのくらいにしたいかの希望をお聞きしなが手術を行うこともできます。

鼻中隔延長に使われる材料

それぞれのメリットとデメリット

鼻中隔軟骨 鼻中隔軟骨
メリット

同一術野なため新たな切開がいらない

デメリット

鼻中隔軟骨がもともと曲がっている可能性
鼻中隔軟骨が薄く、延長するための強度が得られない可能性

耳介軟骨 耳介軟骨
メリット

柔らかい軟骨なため鼻先の柔らかさが保たれる(両側の耳)

デメリット

耳介軟骨を採取するための切開が必要となる
耳介軟骨の大きさは個人差があり延長できる量が限られる

肋軟骨 肋軟骨
メリット

強度の強い軟骨で十分な量を採取できる

デメリット

胸の部分に切開が必要

PRC PRC
メリット

強度の強い軟骨で十分な量
切開の追加がいらない
手術時間が短い

デメリット

自己組織ではない

鼻中隔延長のプロセス

  • 鼻中隔延長の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。
    ネット予約 電話で予約
  • 鼻中隔延長の施術プロセス その2 化膿しないよう、手術する範囲に合わせて鼻を消毒し、鼻と軟骨を採取する部位に局所麻酔を行います。豚軟骨を使用する場合は鼻の局所麻酔のみです。
    ご希望に合わせて静脈麻酔、全身麻酔を行うこともできます。
  • 鼻中隔延長の施術プロセス その3 軟骨の採取を行います(豚軟骨を使用する場合はご自身の軟骨は採取する必要がありません)
  • 鼻中隔延長の施術プロセス その3 小鼻柱部から鼻の孔にかけて切開します。鼻中隔軟骨に軟骨を移植して鼻先を延長し、先端部分に鼻翼軟骨を縫合します。
    施術時間は約60分です。
  • 鼻中隔延長の施術プロセス その4 鼻のギプス固定をします。 術後1週間に抜糸を行います。効果は半永久的に持続します。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    鼻孔が正面から見えてしまう
  • Case 2
    短い鼻を長くしたい
  • Case 3
    鼻全体をシャープにしたい

施術の留意点

施術時間 約60分
ダウンタイム 約1週間(ギプス固定が5日ほど)
腫れ・傷跡 術後約1週間は腫れる場合があります。鼻孔の中と鼻柱部を切開するので、傷跡は目立ちません。
施術の痛み 個人差はありますが、手術中の痛みはほとんどありません。
入院・通院 入院は不要、術後1週間後に抜糸をするために来院が必要です。
麻酔 局所麻酔(静脈麻酔、全身麻酔も可)
持続性 半永久的
洗顔 抜糸後から可能
シャワー・入浴 シャワーは手術当日でも可能。シャンプーは翌日以降から可能。
メイク 部分メイクは手術当日でも可能。

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 回数 定価(税抜)
鼻中隔延長 1回 ¥700,000
鼻中隔延長+豚軟骨移植 1回 ¥800,000

よくあるご質問

鼻の感覚が鈍くなるようなことはありませんか?
術後に一時的に鼻先の感覚が鈍くなることがありますが、時間の経過とともに改善されます。
術後のダウンタイムが気になります。
個人差がありますが、術後7日~10日で腫れは引いていきます。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP