唇・口元

ヒアルロン酸注入(唇を厚く)

淋しげな薄い唇を、程良い厚みのあるセクシーな唇に。

唇へのヒアルロン酸注入とは

唇が薄いと…。

唇が薄いと…。

最近では弾力のあるほど良い厚みのある唇を希望する患者様が増えており「薄い唇に厚みを持たせたい」というご相談を多くお受けしております。

ヒアルロン酸注入は傷跡が目立たない上にすぐに効果を実感できる、人気の施術法です。

ヒアルロン酸注入の施術プロセス

施術後すぐに潤いのあるふっくらとした唇を実感できます

施術後すぐに潤いのあるふっくらとした唇を実感できます

ヒアルロン酸注入による施術は、傷跡が目立たない上に、すぐに効果を実感できる切らない整形です。施術時間も10分程度と短いので、身体への負担も軽く通院の必要もありません。

また、ヒアルロン酸の高い保湿効果により、唇のシワを減らして潤いのある唇を保つ効果もあります。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されますので、必要に応じて患者様のお好みで注入を繰り返します。持続期間は約半年~1年です。

可愛くてセクシーなアヒル口に!

可愛くてセクシーなアヒル口に!

昔はコンプレックスのひとつだった「アヒル口」は、今では女性だけでなく男性にもと支持されるようになりました。

「アヒル口」という言葉も一般的に聞かれるようになったこともあり、今では希望する患者様が多い唇の形となっています。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
不自然な唇にならないように注入を行うことが大切です

唇へのヒアルロン酸は、注入する量によっては「不自然な唇」になってしまう可能性があります。

唇にボリュームを作る施術なのでご本人では判断できにくい場合もあります。常に客観的な目線で不自然な唇にならないように注入を行います。

ヒアルロン酸の成分と作用

ヒアルロン酸の主成分

ヒアルロン酸の主成分

ヒアルロン酸は1グラムで約6リットルもの水分を保つことができることから、保湿力が高い成分として知られています。

ヒアルロン酸は人間の体内に存在するムコ多糖類と呼ばれる成分で、その保湿力により肌や目の潤いを保ち、関節や軟骨では身体をスムーズに動かすためのクッションのような役割を担っています。

大塚美容形成外科で使用するヒアルロン酸

大塚美容形成外科で使用するヒアルロン酸

唇に使用するヒアルロン酸は、硬さや弾力性の違いによりいくつかの種類があります。大塚美容形成外科では、患者さまのご希望に合わせて使用するヒアルロン酸を決めています。

例えばアヒル口のような形を希望されていれば少し硬いヒアルロン酸を使用します。また、全体的に弾力性のあるヒアルロン酸を使用するとボリュームのある柔らかい唇となります。

唇へのヒアルロン酸注入のプロセス

  • 唇へのヒアルロン酸注入の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 唇へのヒアルロン酸注入の施術プロセス その2 施術部分に麻酔クリームを塗布し、ヒアルロン酸を注入します。
  • 唇へのヒアルロン酸注入の施術プロセス その3 ふっくらとした唇が完成。効果は平均で約6ヵ月~12ヵ月持続します(効果には個人差が有ります)。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    薄い唇をポッテリと厚みのある唇にしたい
  • Case 2
    セクシーで女らしい印象にしたい
  • Case 3
    冷たい印象に見られて悩んでいる

施術の留意点

施術時間 約10分
ダウンタイム なし
術後の腫れ なし
施術の痛み チクっとする程度
入院・通院 なし
麻酔 麻酔クリーム
持続性 約6ヵ月~12ヵ月(個人差があります)
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 当日から可能

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 回数 定価(税抜)
ヒアルロン酸注入 1本・1ml 長期持続型 ¥80,000
厚生労働省認可 ¥80,000

よくあるご質問

痛くありませんか?
当院ではヒアルロン酸注入前に、麻酔クリームを塗布して痛みを抑えています。もし痛みが心配な方はお気軽にご相談下さい。
どのぐらいの量を注入するのでしょうか?
ヒアルロン酸の注入量は、患者様のお顔のバランスを見てご提案させて頂きます。カウンセリング時に仕上がりイメージの希望をお伝え下さい。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP