乳輪の悩み 乳輪の大きさ・色をきれいに修正

  • 施術方法について
  • 当院のこだわり
  • 料金

バストと乳輪のバランスが悪いというご相談もあります。生まれつき乳輪が大きいという場合もありますが、比較的バストの大きな女性の場合は胸の成長に合わせて乳輪も一緒に大きくなってしまう傾向があります。このような乳輪のサイズについても美容外科手術で解消することができます。
また乳輪の黒ずみもご相談が多いお悩みですが、美容皮膚科治療でも使われる美白剤という塗り薬を塗ることで肌色に近づけることができます。乳輪の黒ずみ除去については、自宅でケアする手軽な治療です。

1.乳輪の大きさが気になる

乳輪は思春期以降の第二次性徴によって乳房と同様にサイズが大きくなります。大きさやサイズには個人差があり、赤みのある薄茶色から茶色など様々です。さらに妊娠、授乳によって色味が変化することがあります。
乳輪のサイズが気になる際には、乳輪縮小術によってバランスのよいサイズに改善することが可能です。乳輪周辺の皮膚を丸く切除し乳輪サイズを小さく修正します。乳管には触れない手術のため術後も授乳は可能です。

2.乳輪の黒ずみが気になる

乳頭はメラニン色素が多いため通常の肌よりも濃い色をしています。黒ずみが気になる際には塗り薬によってメラニン色素を薄くすることが可能です。一日2回塗るだけのとても手軽な治療です。

3.乳輪のブツブツが気になる

乳輪にあるブツブツが気になる、滑らかな乳輪にしたい、というご相談も多くいただきます。このブツブツはモントゴメリー腺と言い、人によって大きさや数が異なります。除去しても授乳などに大きな影響はないものなので、気になる場合は目立つものを除去することが可能です。極細の糸で縫合しますので、術後の傷跡はほとんど目立ちません。

施術方法について

乳輪縮小

Areola Reduction
乳輪縮小

手術によって乳輪を縮小します。複数の施術法がありますがいずれも授乳に影響はありません。

乳輪や乳頭の黒ずみケア

Pigmentation Of Areola
乳輪の黒ずみケア

塗り薬で色素を薄くします。自宅のケアで治療可能です。

このページの先頭へ

当院のこだわり

乳輪の悩みは、色と大きさです。色に関しては濃い色をピンク色にしたいという希望です。治療法は軟膏を塗るだけですが、4~6カ月ほどの治療期間が必要となります。濃い色といっても黒系から茶色系までさまざまです。それぞれのケースに合わせて軟膏の濃度を変えたり、治療期間を調節していきます。
乳輪を小さくする際には手術が必要となります。乳輪を小さくするだけの手術から同時に乳房全体を小さくする手術や乳房のたるみを取る手術まで選ぶことができます。

当院のこだわり

このページの先頭へ

施術料金

施術方法 料金(税抜)
豊胸術 ヒアルエイド® 1本・10cc
¥36,000
ピュアグラフト  
¥665,000
※脂肪吸引費用、
麻酔費用込み
シリコンジェルバッグ  
¥450,000~
270g以上 プラス¥95,500
乳房のリフトアップ 乳房挙上術   ¥1,200,000
乳房を小さくする 乳房縮小術   ¥1,500,000
乳頭 乳頭の縮小(外径・高さ)   ¥200,000~
陥没乳頭   ¥300,000~
乳頭のホワイトニング   ¥29,000~
乳輪 乳輪の縮小   ¥300,000~
乳輪のホワイトニング   ¥29,000~
モントゴメリー腺の除去 1個 ¥50,000

このページの先頭へ

オンラインで相談する

カウンセリング予約をする

0120-80-1611

受付時間:10:00~19:00

ご興味を持たれた方はお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

このページの先頭へ

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー) Cookieに関するポリシー
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.