シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去

シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去

豊胸のために入れたシリコン製のバッグを除去します。

シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去とは

バストに挿入したバッグのお悩み

バストに挿入したバッグのお悩み

せっかく豊胸のためにバッグを挿入したけれども、バストの形が気に入らない、何となくしっくり来ないといったお悩みを持つ方がいらっしゃるようです。それだけでなく、常に異物感を感じたり、痛みや腫れを感じる方もいらっします。

また、挿入して10年以上経過した古いタイプのシリコンプロテーゼ(バッグ)ですと、拘縮(こうしゅく)や破損といった劣化が見られることもあり、この場合は速やかにシリコンプロテーゼ(バッグ)を抜去した方が良いでしょう。

シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の施術プロセス

このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

バストに挿入したシリコンプロテーゼ(バッグ)による外見上のお悩みには、以下のようなケースが見られます。あまりにも外見上に違和感を感じたり、日常生活に支障をきたすようならば、バッグを除去した方が良いでしょう。

  • バストに拘縮(こうしゅく…ひきつれのこと)が見られる
  • バストの左右の大きさが大幅に違う
  • バストが部分的にゴツゴツ・デコボコしている
  • バストが変形してしまった
  • バストにお椀や鏡餅のような段差ができてしまった
  • 体内でバッグが破裂・破損してしまった

シリコンプロテーゼ(バッグ)の寿命

シリコンプロテーゼ(バッグ)の寿命 当院で豊胸に使用しているシリコンインプラント

シリコンプロテーゼ(バッグ)は、胸に挿入したのと同時に徐々に劣化が始まります。耐久性にはバッグの素材によって違いがあり、バスト内部でバッグが破損したり、バッグの変形などによりバストの形が崩れてきたりして、正常なバストアップ効果が見られなくなったら抜去した方が良いでしょう。

当院でバッグ挿入に使用している豊胸インプラントは「ソフトコヒーシブシリコン」と言われる素材でできており、10年のメーカー保証がありますが、古いタイプのシリコンインプラントや生理食塩水バッグは耐久性が低いものが多く、破損や変形の恐れが高いです。

万が一、バッグ挿入により、バストに痛みや引き攣れを感じるようでしたら、上記のバッグの寿命に関係なくバッグを除去したほうが良いでしょう。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
患者様の希望に沿った施術を心がけています

乳房のインプラントを抜去したい方々の悩みは様々です。異物感が気になる方、年齢相応の胸の形にしたい方、肩こりが気になる方、片方が破損して左右差になっている方などです。インプラントの抜去前にはレントゲン撮影を行い石灰化がないかの確認します。石灰化の有無によっては切開する位置が変わります。抜去するだけの場合もありますし、抜去と同時に新しいインプラントに入れ替えることも可能です。インプラント抜去に伴うメリット、デメリットを十分に説明し、患者様の希望に沿うように心掛けています。

施術のポイント

大塚美容のシリコンプロテーゼ(バッグ)抜去のポイント

バッグの入れ替えも可能です バッグの入れ替えも可能です

シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去をためらう患者様の中には、バッグを抜去することによってバストが小さくなってしまったり、バストが下垂してしまう不安がある方がいらっしゃるようです。

当院ではシリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の際に、新しいバッグに入れ替えることが可能です

切開の傷跡について 切開の傷跡について

切開の傷跡を完全になくすことはできませんが、通常、切開の傷跡は3~4センチ程度です。傷跡は施術直後には赤みが見られますが、施術後1ヶ月程度徐々にで落ち着いてきて、1年後には殆ど目立たなくなります。

経験豊富な医師による施術 経験豊富な医師による施術

シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の際には、体内組織を傷つけたり、大きな傷跡が残ったりするようなリスクを減らすためにも、正確な解剖知識が必要となります。美容形成外科として約40年の歴史を誇る当院では、シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去はもちろんですが、豊胸術などのバストアップ全般の知識を備えた経験豊富な医師による施術を行っています。

シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去のプロセス

  • シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の施術プロセス その1
    カウンセリングで患者様の状態やご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の施術プロセス その2
    切開する部分を消毒してから麻酔を行います。
  • シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の施術プロセス その3
    シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の際には、当院では切開の傷跡をなるべく目立たないように、通常は乳房下線または腋の下(腋窩)を数センチほど切開し、バッグを取り出します。バッグ挿入の際に、乳房下縁や乳輪縁を切開し挿入している場合は挿入した箇所を再度切開して除去します。
    ただし、生理食塩水のバッグが破損している場合など、腋の下(腋窩)の切開で取り出すのが困難な場合は、乳房下縁または乳輪周辺(乳輪縁)を切開して取り出します。
  • シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の施術プロセス その4
    切開した箇所から豊胸インプラント(バッグ)を抜去します。
    挿入したバッグに変化がなければ取り出しは短時間で済みますが、バッグが体内で癒着していたり、バッグが体内で破裂している場合は施術に時間がかかります。
  • シリコンプロテーゼ(バッグ)抜去の施術プロセス その5
    切開した箇所を目立たないように縫合して終了です。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    バッグ挿入後のバストの見た目に違和感を感じる
  • Case 2
    バッグ挿入後、痛みや引き攣れを感じるようになった
  • Case 3
    他院で入れたバッグを取り出したい

施術の留意点

施術時間 約30~60分
ダウンタイム 1カ月
術後の腫れ 傷跡は1か月ほど赤みが見られますが、大きな腫れや赤みは3日程度です。
施術の痛み 麻酔をするので痛みはほとんどありませんが、当日は多少痛みがあります。
入院・通院 全身麻酔・局所麻酔ともに日帰りが可能です(全身麻酔は1泊の入院をお勧めします)。全身麻酔・局所麻酔の施術ともに7日後に抜糸が必要です。
麻酔 全身麻酔または局所麻酔
持続性 半永久
シャワー・入浴 シャワーは2日後から、入浴は抜糸後から。

施術料金

施術名 定価(税抜)
当院挿入シリコンプロテーゼ抜去 ¥400,000
他院挿入シリコンプロテーゼ抜去 ¥500,000

よくあるご質問

痛みやダウンタイムが気になります。
一般的にはシリコンプロテーゼ(バッグ)抜去は、挿入時に比べると施術時間・施術後のダウンタイム・痛みが短く、傷跡は1年後には殆ど目立たなくなります。
シリコンプロテーゼ(バッグ)には寿命があるのですか?
当院で扱っているソフトコヒーシブシリコンバッグが、メーカー保証10年となっています。ですが、バストの見た目や触感などに違和感を感じたり、痛みや引き攣れなどを感じるようならば、バッグの除去を検討した方が良いでしょう。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP