乳輪関連の施術

  • 乳輪関連の施術
  • 主要な乳輪関連の施術
  • 当院のこだわり
  • 料金

乳輪関連の施術

乳輪に関するご相談も多くあります。
長い間悩んでいるようでしたら一度カウンセリングに来院されることをお勧めします。サイズや黒ずみなどお悩みにあわせた施術法を用意していますのでお気軽にお問合せください。

このページの先頭へ

主要な乳輪関連の施術

乳輪縮小

乳輪縮小術にはいくつかの方法があります。乳輪の外側の皮膚をドーナツ型に切除縫合して、乳輪を小さく修正する方法や、乳頭の根元を切開し乳輪を縮める方法などがあります。内側を切開するほうが乳首のメラニン色素に隠れるため傷跡は目立ちにくいです。
いずれも乳管に触れることはないため授乳には影響ありません。

所要時間

1時間~1時間半程の手術です。術後翌日に消毒、約10日後に抜糸を行います。(溶ける糸を使用する場合は抜糸の必要はありません)

ダウンタイム

術法によって異なりますが、1~2週間程度多少腫れを生じます。
赤みは3か月~半年程度出ることもあります。

術後について

シャワーは傷口が濡れなければ当日から可能です。

1、乳輪外側の皮膚を切除縫合し乳輪を縮める方法

乳輪外側の皮膚を切除縫合し乳輪を縮める方法

2.乳輪の根元を切開し、乳輪を縮める方法

乳輪の根元を切開し、乳輪を縮める方法

乳輪の黒ずみ除去

乳輪がメラニン色素の影響で黒ずんで見えることがあります。この場合は、ビタミンA誘導体(シミ取りクリーム)、美白剤といった塗り薬で色素を薄くすることができます。自宅で1日1~2回(朝・晩)塗るだけで、徐々に黒ずみが薄くなっていきます。元々の濃さやお肌の反応に個人差はありますが1クールの目安は2~3カ月です。

所要時間

自宅で塗り薬を塗るだけです。

ダウンタイム

特にありません。
数日使用した際に、皮むけ、赤みが出る場合もありますが特に問題ありません。

術後について

通常の生活に特に支障ありません。

塗り薬の塗布方法について

輪の黒ずみ除去

step1 美白剤をベビー綿棒に極少量取り、乳輪の外側皮膚(1cm幅位)に薄く塗布

輪の黒ずみ除去

step2 美白剤の上に軟膏剤をベビー綿棒に極少量取り薄く重ねて塗布

輪の黒ずみ除去

step3 ビタミンA誘導体(シミ取りクリーム)をベビー綿棒に極少量取り、乳輪にはみ出さないように薄く塗布。その後3~5分乾燥させる

輪の黒ずみ除去

step4 美白剤をベビー綿棒に極少量取り、乳輪にはみ出さないように薄く塗布。その後、ティッシュを乳輪に貼り15分後にはずす。

モントゴメリーの除去

モントゴメリー腺とは、乳輪にできるブツブツとしたいぼのようなもののことです。乳首や乳輪を保護すするためにの皮脂を分泌しており、女性の乳輪には多く見られるものですが、その数や大きさが気になるという方もいらっしゃいます。
特に授乳などに大きな影響を与えるものではないので、気になる場合は除去することで滑らかな乳輪にすることが可能です。大きさによっていくつかの治療法がありますが、ホクロやいぼのようにメスで切除し縫合するケースがほとんどです。縫合の際には極細の糸を使用するため、傷あとは残りません。

所要時間

10分

ダウンタイム

1週間程度腫れることがあります。

術後について

シャワーは患部がぬれなければ当日から可能です。

このページの先頭へ

当院のこだわり

乳輪関係で一番多い相談内容は、乳輪の黒ずみについてです。黒ずみの原因は色素沈着によるものです。レチノインと美白剤を使用した軟膏治療で改善することが可能です。治療期間は2~3カ月ほどかかるため、その間に軟膏の濃度を変更したり、休薬期間を設定したり、個人個人に合わせた治療が必要となります。 乳輪を小さくする手術は切除した乳輪の大きさにより、術後に少し後戻りを起こします。傷に負担が大きくならないように切除する幅を決めて行います。

当院のこだわり

このページの先頭へ

料金

施術名 数量 定価(税抜)
乳輪の縮小   ¥300,000~
乳輪のホワイトニング   ¥27,000~
モントゴメリー腺の除去 1個 ¥50,000
他の料金も見る

このページの先頭へ

よくある質問はこちら
料金一覧はこちら

オンラインで相談する

カウンセリング予約をする

0120-80-1611

受付時間:10:00~19:00

ご興味を持たれた方はお気軽にご相談下さい

このページの先頭へ

このページの先頭へ

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー) Cookieに関するポリシー
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.