脂肪吸収抑制剤

脂肪吸収抑制剤

余分な油分を排出し、摂取カロリーをカットします。

脂肪吸収抑制剤とは

余分な油分を体外に排出し、カロリーカットします

脂肪吸収抑制剤とは

脂肪吸収抑制剤は食事の際の油分(脂肪)を体内に吸収して分解する働きのある「リパーゼ」という酵素の働きを抑制し、余分な油分を体外に排出することにより、摂取カロリーをカットする飲み薬です。

元々脂肪吸収抑制剤は重度肥満の治療薬としてスイスの製薬会社であるH社が開発し、今では全世界17カ国で100万人以上の肥満患者の治療に使用されています。

油分や脂肪分の多い食事を食べる前に。

脂肪吸収抑制剤とは

揚げ物やラーメンなどの油分・脂肪分が多い食事を食べる前に脂肪吸収抑制剤を飲んでおけば、余分な油分・脂肪分をカットして摂取カロリーを下げることが出来ます。吸収されなかった油分は排便の際に体外に排出されます。

ただし、脂肪吸収抑制剤さえ飲んでおけば食べ過ぎても大丈夫というわけではなく、あくまでも「ダイエットを成功させたい」という確固たる意志を持ち、適度な運動と食事に気をつけなければなりません。

食欲抑制剤と脂肪吸収抑制剤の違い

  • 食欲抑制剤

    食欲に関連する神経に働きかけて食欲を抑制します

    食欲抑制剤 食べるのを我慢できない方 食事制限にストレスを感じる方 計画的にダイエットを成功させたい方
  • 脂肪吸収抑制剤

    食事の余分な油分を体外に排出し、カロリーカットします

    脂肪吸収抑制剤 油系の食べ物がやめられない方 生活習慣病の対策を考えている方 計画的にダイエットを成功させたい方

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
長期の服用が可能なので計画的なダイエットが可能です

脂肪吸収抑制剤はリパーゼの働きを抑えるため摂取した脂肪分の吸収を弱くする働きがあります。よって、便の脂肪成分が増えるため軟便となります。

長期の使用ができるため、軟便の状態が問題なければ食事制限せずにダイエットすることができます。服用中は脂溶性のビタミン類を補助し、繊維性の高い食事にすることで長く続けることができます。

施術のポイント

脂肪吸収抑制剤服用の際の注意点

脂肪吸収抑制剤の用法・用量 脂肪吸収抑制剤の用法・用量

脂肪吸収抑制剤は医療機関のみで処方できる製品です。通常は1日3回、食事前に1カプセルを服用します。万が一飲み忘れた場合は、食事中か食事後1時間以内でも大丈夫です。
ただし、次の食事の際にまとめ飲みはせず、必ず食事ごとに通常の1カプセルを服用するようにします。また、脂肪分・油分を含まない食事の場合は、脂肪吸収抑制剤を服用する必要はありません。

脂肪吸収抑制剤の服用期間 脂肪吸収抑制剤の服用期間

脂肪吸収抑制剤は長期的な計画的ダイエットに向いている薬です。個人差はありますが、脂肪吸収抑制剤を服用し始めて2~3週間後には体重が減り始め、体重の減少は約半年~1年続きます。また、脂肪吸収抑制剤は高血圧や高コレステロールの改善にも効果があり、効果は服用を始めて約1か月後ぐらいから見られるようになります。
脂肪吸収抑制剤の服用期間については、処方する医師の指示に従って下さい。

脂溶性ビタミン不足のリスク 脂溶性ビタミン不足のリスク

脂肪吸収抑制剤の脂肪カット効果により、脂溶性ビタミンであるビタミンA・ビタミンD・ビタミンEなどのビタミン類も一緒にカットされてしまうことが考えられます。脂肪吸収抑制剤服用の際には不足する可能性のある栄養素をサプリメント等で補うようにし、野菜や果物等のビタミン類を多く含む食事を心がけるようにしましょう。詳しくは診察の際に医師の指示に従って下さい。

脂肪吸収抑制剤の副作用 脂肪吸収抑制剤の副作用

脂肪吸収抑制剤服用し始めると、油分・脂肪分を含んだ便やおならが出るようになり、突然便意を催したり、頻繁に便意を催すことになることがあります。特に油分・脂肪分を多く含む食事の後は、この症状が多く見られますが、症状としては一時的なものです。
万が一、症状に不安を感じるようなことがあれば、当院の医師の診察を受けにいらして下さい。

以下の患者様は脂肪吸収抑制剤を服用できません 以下の患者様は脂肪吸収抑制剤を服用できません

妊婦・授乳中の女性、脂肪吸収抑制剤の主成分であるオルリスタット等にアレルギー反応を示す方、突発性脂肪便症・慢性吸収不良症候群・熱帯性スプルー症など、必須栄養素の吸収力が極端に低いと医師に診断された方。
また、今現在ほかの医薬品を服用している方は診察の際に医師にお申し出下さい。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    長期的・計画的なダイエットを成功させたい方
  • Case 2
    油分の多い食事がやめられない方
  • Case 3
    高血圧・高コレステロール等の生活習慣病の予防・対策を考えている方

施術の留意点

副作用 油分・脂肪分を含んだ便やおならが出るようになり、突然便意を催したり、頻繁に便意を催すことになることがあります。万が一、症状に不安を感じるようなことがあれば、当院の医師の診察を受けにいらして下さい。
入院・通院 入院・通院の必要はありません。
服用期間 長期の服用が可能、服用期間は医師の指示に従って下さい

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

※脂肪吸収抑制剤は医療機関のみで処方できる製品です。

施術名 数量 定価(税抜)
脂肪吸収抑制剤 1錠 ¥400

よくあるご質問

服用期間はどのぐらいですか?
脂肪吸収抑制剤は食欲抑制剤と違い、長期的な服用が可能なダイエット薬です。服用し始めて2~3週間後には体重が減り始め、体重の減少は約半年~1年続きます。服用期間は特に設けられていませんが、服用の際に医師の指示に従って下さい。
副作用が気になります
脂肪吸収抑制剤を処方する際には、処方する医師が予め副作用のリスクや対策を考えて処方しますので、医師の指示に従って服用すれば、深刻な副作用のリスクはほとんどありません。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP