食欲抑制剤

食欲抑制剤

ダイエット処方薬で食欲を抑えて、計画的なダイエットを。

食欲抑制剤とは

厚生労働省が認可した食欲抑制剤です

食欲抑制剤とは

食欲抑制剤は日本の厚生労働省が初めて認可した医療用の飲み薬で、食欲に関連する神経(前頭葉にある摂食中枢)に働きかけて食欲を抑制し、食べ過ぎを抑え、更に代謝を上げて消費カロリーを増やすことにより、計画的なダイエットを補助する薬です。

本来、食欲抑制剤は肥満度が70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症の方を対象に処方されるお薬ですが、大塚美容形成外科は自費診療のため、これらの数値に関係なく処方しております。

飲むだけで痩せるわけではありません

食欲抑制剤とは

食欲抑制剤は食欲を抑制し、食べ過ぎを抑える薬です。ただ「飲むだけで痩せる」というわけではありません。

医師の指導のもと食欲抑制剤を適切に服用した上で、更に「ダイエットを成功せたい!」と思う患者様ご本人の強い意思のもと、運動やバランスの良い食事と併せて服用することにより、計画的なダイエットを成功に導きます。

ダイエット補助薬の効果と違い

  • 食欲抑制剤

    食欲に関連する神経に働きかけて食欲を抑制します

    サノレックス(食欲抑制剤) 食べるのを我慢できない方 食事制限にストレスを感じる方 計画的にダイエットを成功させたい方
  • 脂肪吸収抑制剤

    食事の余分な油分を体外に排出し、カロリーカットします

    ゼニカル(脂肪吸収抑制剤) 油系の食べ物がやめられない方 生活習慣病の予防・対策を考えている方 計画的にダイエットを成功させたい方
  • 糖質吸収抑制剤

    血糖値の急激な上昇を抑えて痩せやすい身体を作ります

    アカルボース(糖質吸収抑制剤) 糖質の多い食品が好きな方 中性脂肪が多い方 計画的にダイエットを成功させたい方

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
食欲を抑制し、計画的なダイエットを成功させます

食欲抑制剤はマジンドールという成分の食欲抑制剤です。保険診療でも使用されていますが、保険の適応は肥満度が70%以上又は、BMI35%以上の高度肥満症のみに処方できる薬です。例えばBMI35%とは身長が150cmだと体重は78kg以上の人が保険適応となります。

当院では自費診療なためBMIには関係なく処方できます。ただし、併用できない薬もあるので医師の診察が必要です。

施術のポイント

食欲抑制剤服用の際の注意点

食欲抑制剤の用法・用量 食欲抑制剤の用法・用量

食欲抑制剤は医療機関のみで処方できる製品です。通常は1日1回1錠を昼食前に服用します。睡眠障害を起こす可能性があるので、睡眠前の服用は避けます。

食欲抑制剤の服用期間 食欲抑制剤の服用期間

食欲抑制剤の服用期間は医師の指導で決めますが、食欲抑制剤は化学構造上「アンフェタミン透導体」という化合物のことで、このアンフェタミン誘導体には依存性の副作用があります。とはいえ、実際の服用で身体依存が見られることはありませんが、患者様の安全のためにも通常は最大で3ヶ月間となっています。
また、1ヶ月間服用を続けて効果が見られない場合は服用を中止します。

食欲抑制剤の副作用 食欲抑制剤の副作用

口の渇き、便秘、吐き気、睡眠障害などの副作用が報告されていますが、医師の指導の元、用法・用量を守って服用すれば問題ありません。

以下の患者様は食欲抑制剤を服用できません 以下の患者様は食欲抑制剤を服用できません

妊婦・授乳中の女性、重度の高血圧の方、緑内障の方、薬物・アルコール依存・乱歴のある方、統合失調症の方

こんな悩みの方に

  • Case 1
    計画的なダイエットを成功させたい方
  • Case 2
    痩せたいのに食べることを我慢できずに悩んでいる方
  • Case 3
    ストレスなく痩せたい方

施術の留意点

副作用 口の渇き、便秘、吐き気、睡眠障害などの副作用が報告されていますが、医師の指導の元、用法・用量を守って服用すれば問題ありません。
入院・通院 入院・通院の必要はありません。
服用期間 最大3ヶ月まで

よくあるご質問

服用期間はどのぐらいですか?
食欲抑制剤の服用期間は基本的に医師の指導で決めます。ですが、副作用のリスクを避けるためにも、服用期間は最大で3ヶ月間となっています。
副作用が気になります
食欲抑制剤を処方する際には、処方する医師が予め副作用のリスクや対策を考えて処方しますので、医師の指示に従って服用すれば、深刻な副作用のリスクはほとんどありません。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP