脚痩せ注射

脚痩せ注射

小顔・足痩せ注射で、顔やせ・脚やせ!

脚痩せ注射とは

筋肉太りも注射で解消

脚痩せ注射とは

脂肪吸引では細くすることができない、筋肉の発達で太くなった脚や大きな顔に効果的なのが、足痩せ注射による痩身医療です。

足痩せ注射の薬剤はタンパク質の一種で、筋肉を弛緩させる働きがあり、欧米ではこの特性を利用して、表情ジワの治療剤として広く普及し、その後、小顔治療・脚やせ治療としても人気になりました。

脚痩せ注射の施術プロセス

ナチュラルな美しさへ

ナチュラルな美しさへ

施術は切らずに注射をするだけなので、5分ほどで終了。徐々に筋肉の働きを弱め、筋肉のボリュームを減らしていくので、自然な印象で細くなります。

小顔治療であれば、特にエラが張った大きい顔に見える方に効果的です。頬からアゴにかけて発達しすぎた咬筋(こうきん)に注射をし、1ヶ月ほどでシャープなフェイスラインに。

脚やせ治療なら、スポーツなどで筋肉が発達して太くなった太もも・ふくらはぎを女性らしい細い脚へ導きます。施術後は痛みも殆どなく、普段通りの生活ができます。

部分痩せ注射の違い

当院での注入による小顔注射の施術のそれぞれの違いです。注入したい部位によって向き・不向きがありますので、まずはお気軽にお電話にてご質問いただくか、無料カウンセリングにお越し下さい。

表情じわ注射 脂肪分解注射 脂肪溶解注射
痛み 少しあり 殆ど無し 少しあり
ダウンタイム 腫れ殆ど無し 腫れ殆ど無し 腫れ少しあり
効果 約6ヶ月 半永久 半永久
推奨施術回数 3回 3回 3回~6回

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
医師の判断のもとに治療を行います

当院で使用している足痩せ注射の薬剤は、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されている成分を使用しており、アレルギーや副作用は殆ど確認されておりません。注射をする箇所や注入量はお一人お一人の状態に合わせて、医師が判断して行います。

施術のポイント

脚痩せ注射のポイント

その日のうちに帰宅できます 脚痩せ注射のポイント

治療は5分程度で終了しますので、その日のうちに帰宅できます。しかも術後のダメージは殆どありませんので、その日からすぐに普段通りの生活や仕事ができます。

一人ひとりの状態を確認しつつ注入します 一人ひとりの状態を確認しつつ注入します

小顔・足痩せ注射を筋肉に注射します。注射をする箇所や注入量は、患者様お一人お一人の状態に合わせて医師が判断して施術を行います。「気になる筋肉を落としてほっそりとした足にしたい」というご要望だけでなく「右足と左足の太さが違う」といった左右差にも対応いたします。

脚痩せ注射のプロセス

  • 脚痩せ注射の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 脚痩せ注射の施術プロセス その2 施術部分に麻酔をします。麻酔は麻酔クリーム・局所麻酔・静脈麻酔から選択できます。
  • 脚痩せ注射の施術プロセス その3 施術部分に小顔・足痩せ注射の薬剤を注射します。施術時間は5分程度です。
  • 脚痩せ注射の施術プロセス その4 余分な筋肉を弛緩させ、ほっそりとした足に導きます。効果は平均で約6ヶ月持続します(効果には個人差が有ります)。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    筋肉太りを解消したい
  • Case 2
    徐々に自然に細い足を目指したい
  • Case 3
    メスを使った施術は避けたい

施術の留意点

施術時間 約5分
ダウンタイム なし
術後の腫れ 特になし(軽い腫れは数日~1週間程度)
施術の痛み 麻酔をするので痛みはほとんどありません
入院・通院 抜糸の必要がないので手術当日で終了。術後、通院の必要はありません。
麻酔 麻酔クリーム・局所麻酔・静脈麻酔から選択できます。
持続性 約6ヶ月(個人差があります)
シャワー・入浴 当日から可能です。

施術料金

※当サイト上で掲載されている価格は全て税抜価格となっています。精算時に消費税を加算した金額にて精算させて頂きます。

施術名 場所 定価(税抜)
脚痩せ注射 下腿(100単位) A社製 ¥46,000
B社製 ¥105,000

よくあるご質問

入院は必要ですか?
「脚痩せ注射」は、その日のうちに帰れますので入院の必要はありません。
アフターケアは必要ですか?
特に必要ありません。その日からすぐに普段通りの生活や仕事ができます。
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP